「家計簿アプリ・Zaim」 レシート・Amazon納品書の自動読み取り機能が便利!

家計簿

レシートなどの領収書ってかさばるし、ファイルや棚ごとにある程度仕分けしていても溜まっていくといつの領収書なのかもわかりずらくなっていきます。

収支の面でもしっかり管理し把握していたいですよね。このような問題を解決できる良いアプリがどこかにないのか探していたところ・・

なんだか良さげなアプリを発見したので紹介したいと思います。Zaimというアプリです。元々情弱な私は今回初耳でしたが、国内最大級の家計簿アプリで450万ダウンロードされているのだそうです。

様々なメディアで紹介され、ローソンともコラボをしたそうなのですでにご存知な方も居るかと思います。知っているテレビ番組ではNHKをはじめ「有吉ゼミ」や朝の情報番組「キテマスくん」などで紹介されたそうです。

有名なアプリだから間違いないだろうと食いついた理由ではなく (人気は選択する上で目安にはなりますが)、Zaimは無料で利用する事ができ、レシートをスマホで読み込んだだけで内容を自動で認識し情報を自動表示させるという機能。さらにはネットバンクと連携し出入金をまで管理できるという機能があったのがこのアプリを選んだ理由です。簡単に管理が出来る多機能アプリというところでしょうか。

また家計簿だけでなく資産管理もでき、様々な拡張性に優れています。

SPONSORED LINK

家計簿アプリ – Zaim

zaim6

Zaimを開発したのは企業ではなく、元々は閑歳さんという女性が個人で始められたサービスです。IT企業に勤めながら社会人からプログラミングを学び、Zaimを開発したといいます。
2011年7月にiOSアプリとして公開されました。すぐに人気に火がつき2011年9月には法人化され株式会社Zaimが設立されました。Zaimのブログ「株式会社 Zaim – 節約できる無料の家計簿サービス」からアプリ公開から現在までの目立った経緯をピックアップしてみました。

  • 2011年7月19日… iOS版 Zaimを公開
  • 2011年9月3日… 株式会社Zaim設立
  • 2011年11月10日… iPadのフルスクリーンにも対応
  • 2012年3月15日… Android版 Zaimを公開
  • 2013年4月19日… iOS版アプリにレシート読み取り機能を追加
  • 2013年4月30日… Android版アプリにレシート読み取り機能を追加
  • 2013年5月8日… WEB版 Zaimを公開。iOSアプリ、Androidアプリと連携して利用できる
  • 2013年7月10日… クックパット「特売情報」と連携して利用可能に
  • 2013年10月9日… WEB版に残高確認機能が追加される
  • 2013年10月30日… Zaimに支出入力するのを速くするためのAndroidアプリ 楽Zaim公開
  • 2014年2月27日… 国内1000以上の銀行・クレジットカード会社に対応
  • 2014年3月19日… 8%の増税に対応した機能追加
  • 2014年5月6日… 新生銀行、Amazonに対応
  • 2014年6月7日… モバイル Suica、10以上の銀行を新たに追加で対応
  • 2014年6月16日… WEB版でレシート型の出入力に対応 (WEB版のみ対応してなかった)
  • 2014年6月30日… スキャナサービス、ScanSnap (スキャンスナップ) と連携
  • 2014年7月7日… 会計ソフト「弥生」提供サービス「YAYOI SMART CONNECT」と連携
  • 2014年7月9日… Android Wear (スマートウォッチ) 対応のZaimアプリ公開
  • 2014年7月10日… iPhoneを高性能スキャナにするかしこい照明というキャッチフレーズの「SnapLite」と連携
  • 2014年8月20日… ユーザー一日の行動パターンを記録してくれるアプリ「Moves」と連携
  • 2014年10月4日… 楽天Edyと連携
  • 2014年12月26日… 会計ソフトの弥生会計、やよいの青色申告と連携。Zaimのデータを会計データへと自動変換
  • 2015年1月16日… ユーザー在住の自治体、国から受けられる給付金・医療費控除を検索できるツール「わたしの給付金」サービス提供開始
  • 2015年1月19日… ETC料金照会サービス、オリコカード、ファミマTカードなどに対応
  • 2015年2月9日… iOS版 Zaimにて「家計のバランス診断」提供開始
  • 2015年3月12日… au WALLET、Yahoo!ウォレットと連携
  • 2015年4月20日… Tカードプラス、TSUTAYA Wカードなどに対応
  • 2015年5月14日… ジャパンネット銀行などに対応
  • 2015年6月4日… 東京スター銀行、みずほ銀行などに対応
  • 2015年6月25日… Windows ストア版アプリを公開
  • 2015年7月7日… 弥生会計 オンラインに対応
  • 2015年8月12日… 九州地方の電子マネー「nimoca」に対応
  • 2015年8月19日… au WALLET クレジットカードに対応
  • 2015年11月10日… SMBC 信託銀行に対応
  • 2015年12月16日… Android版 Zaimに指紋認証によるロック機能追加
  • 2015年12月18日… 家族用、お小遣い用と分ける事が可能に「複数アカウント機能」追加 (有料)
  • 2015年12月22日… レシート読み取り機能が機能拡張「Amazon納品書」も読み取り可能に

パッと見で気になる対応サービス、経緯を簡単にまとめてみました。iOS版のアプリがリリースされてから徐々に色々なサービスと連携されていって今に至るのがわかります。今度も新たなサービスがZaimに追加されるかもしれません。

まとめた中でも得に私が気になったサービスが「WEB版で残高確認できる機能」・「わたしの給付金」・「Amazon納品書の読み取り機能」でしょうか。

Android版「Zaim」インストール方法

▼スマホからGoogle Playへアクセス「Zaim」を「インストール」し開きます。

zaim
「Zaim」へのショートカットが作成されこのような画面が立ち上がります。

▼「新しく家計簿を始める」をクリックします。
zaim2

▼アドレス・パスワードを入力します。簡単に済みそうな「GOOGLE経由でかんたん登録」→「ALLOW」を選択しました。

zaim3

これで自動的に同期が始まり「Zaim」の画面が立ち上がります。インストール作業が完了したようです。

zaim4

この記事のまとめ

今後しばらく「Zaim」を使ってみて、個人的に気になった「WEB版で残高確認できる機能」・「わたしの給付金」・「Amazon納品書の読み取り機能」」のサービスの使い方・感想を含めてまた記事にしたいと思います。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!