WordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」の設定・使い方

xmlsitemaps-plugin-min

今回はWordPressプラグイン「Google XML Sitemaps」を使いXMLサイトマップを作り、サーチコンソールに送信するまでの手順を紹介します。

SPONSORED LINK

まずWordPress管理の左メニューから「プラグイン」→「新規追加」で検索枠から「Google XML Sitemaps」を検索します。
xmlsitemaps-plugin2

Google XML Sitemapsが出てきたら「いますぐインストール」→「プラグインを有効化」をクリックする。
xmlsitemaps-plugin3

設定の下に「XML-Sitemap」と追加されているのでそこをクリック。

xmlsitemaps-plugin4

最初「検索エンジンはまだ通知されていません」という表示になっているので「your sitemap」をクリックする。
そして「Googleは変更について正しく通知されました。
Bingは変更について正しく通知されました。」と表示変更されればOK。

■設定方法
xmlsitemaps-plugin5

まず上の基本設定から。

・通知を更新
「Googleにブログの更新を通知」
「Bing(旧名 MSN Libe サーチ)にブログの更新を通知」
「サイトマップのURLを仮想 robots.txt ファイルを追加」

と3つありますが投稿記事が検索エンジンにインデックスされるための設定なのでデフォルトのまま全て有効にしておきます。
・追加ページの設定
WordPressの投稿、トップページ、固定ページ、カテゴリ以外で他にWordPress以外で作成したページがあれば「新しいページの追加」で追加する。
私はそのままいじらずスルーしました。

・投稿の優先順位
デフォルトでは「コメント数」にチェックが入っていますが、サイトを立ち上げ間もない頃は「優先順位を自動的に計算しない」に変更しておきましょう。
・Sitemapコンテンツ

xmlsitemaps-plugin6
お好みの設定でOKです。
・更新頻度の設定

xmlsitemaps-plugin7
コチラもお好みの設定で。

xmlsitemaps-plugin8

とりあえずこのように設定しました後で変更もできます。「設定を更新」をクリック。

■Google XML Sitemapsで設定したサイトマップをGoogle Search Console(旧ウェブマスター)に登録する

まずGoogle Search Consoleにログインしサイトマップを登録するサイトを選択します。

xmlsitemaps-plugin9

今回検索パフォーマンスを改善できますというメッセージの中にサイトマップを送信のメニューがあったのでそこから「サイトマップを送信」をクリックする。

xmlsitemaps-plugin10

「サイトマップの追加/テスト」をクリック。

xmlsitemaps-plugin11
入力欄に「sitemap.xml」を入力しまずは「サイトマップをテスト」を選択します。

「テストが完了しました。」と表示されればテスト完了です。テスト結果の表示も一応確認してみます。
ここで「エラーの詳細」の所でエラーがないのを確認して下さい。

また入力欄に「sitemap.xml」を入力し今度は「サイトマップを送信」をクリックする。

xmlsitemaps-plugin12

「ページを更新する」をクリックする。これでサイトマップの設定完了です。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!