「WordPress」プラグインを使わず記事ごとにアクセス数を表示する方法

views

記事別にアクセス数を表示したくなったので、何か方法はないものかと探していました。WP-PostViewsというWordPreesプラグインを使えば表示できるようです。

しかしプラグインの入れすぎは速度低下につながるみたいです。僕はこれ以上プラグインを増やしたくないのでそれ以外の方法を探しもとめました!

SPONSORED LINK


photo by John Jones

▼目次

  1. 記事ごとにアクセス数を表示 -Simplicityの場合-
  2. 「番外」ダッシュボードにアクセス数を表示する
  3. まとめ

記事ごとにアクセス数を表示 -Simplicityの場合-

この方法はプラグインの「WordPress Popular Posts」がインストールされている必要があります。single.phpのループ内に下記のコードを追記すればいいようですが、Simplicityの場合はちょいとかってが違うようです。はじめにそれらしき場所に設置したらホワイトアウトしてしまいました。

<?php // 記事ごとアクセス数を表示 
if ( function_exists ( 'wpp_get_views' ) ) { echo wpp_get_views ( get_the_ID() ).'views '; } ?>

コード後半の「’Views’」表示をかえたければここを変更でOK!

Simplicityでは「entry-body.php」のこの部分に追記します。

pv

表示されましたね。
pv2

スマホでもちゃんと表示されていました。トップページの一覧画面では表示されないようなのでその方法は気が向いたときにでもしてみようかなと。

「番外」ダッシュボードにアクセス数を表示する

WordPress

最初にこっちの方法がアクセスカウンターを表示する方法だとおもって試しましたが、違ったようです。WordPressダッシュボードの記事一覧ページに記事ごとのアクセス数を表示するという方法でした。ダッシュボードには元々表示するつもりがなかったので番外編として紹介します。
photo by John Fischer

ちなみにこちらも「WordPress Popular Posts」をインストールしている必要があります。

出ました、僕の苦手な「function.php」に追記するようです。WordPress入門したての頃にホワイトアウトした経験があるので、このファイルをいじる時は慎重にやらないとアウトなんですね。ねんのためFTPソフトを起動して用意しておきました。

// ダッシュボードにアクセス数を表示
function admin_posts_columns($columns) {
$columns['postviews'] = 'ビュー';
return $columns;
}
function add_admincolumn($column_name, $post_id) {
if ($column_name == 'postviews') {
echo wpp_get_views($post_id, 'all', true); 
}
}
if (function_exists('wpp_get_views')) {
add_filter('manage_posts_columns', 'admin_posts_columns');
add_filter('manage_posts_custom_column', 'add_admincolumn', 10, 2);
}

「$post_id, ‘all’, true」の部分を変更すればそれに応じた表示になります。

  • 「daily」… 日
  • 「weekly」… 週間
  • 「monthly」… 月間
  • 「all」… 全ての期間

まとめ

記事ごとにアクセス数を表示する方法はいつかやってみようと思っていたカスタマイズなのでスッキリしました。次やるとしたらトップページの記事一覧でアクセス数を表示するという方法ですね。誰かわかる方いたら教えてください。

ダッシュボード表示のほうも過去の記事がどの位読まれているとか参考になるので使ってみればなかなか便利なのかもしれませんね!

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!