「WordPress4.4.1リリース」マイナーバージョンなので自動更新されていました

WordPressのダッシュボードを見るとWordPressの本体アップデートがあったようで自動アップデートされていました。前バージョン、WordPress4.4″Clifford”からのマイナーアップデートです。

2016年1月6日、前バージョンに脆弱性があるとUS-CERTが伝えました。WordPressはこの脆弱性を修正しWordPress4.4.1が同日リリースされました。

【US-CERTとは?】

US-CERT (United States Computer Emergency Readiness Team) は、米国国土安全保障省 (DHS) の配下になる情報セキュリティ対策組織。

WordPress以外にもWindows XP、アプリなどの脆弱性も過去に警告しています。

今回はバージョンについてのお話しもまとめてみました。

SPONSORED LINK

▼この記事の目次

改善された箇所

WordPress4.4.1で修正された脆弱性の詳細については「WordPress.org | WordPress 4.4.1 Security and Maintenance Release」で公開されています。

  • 絵文字のサポートを最新に更新した
  • 52個のバグを修正した ..等

WordPressの自動アップデート機能

このWordPress4.4.1へのマイナーアップデートは設定をしていなければ、特に意識する事なく「4.4→4.4.1」に自動でアップデートされます。自動なので面倒な人や、管理画面をたまにしか開かないといった人にとっては管理が楽になる機能なのかもしれません。

photo by alex roberts

自動アップデートとは?

WordPress3.7″Basie”から導入されている機能です。新しいアップデートがあった場合、バックグラウンドで自動更新が実施されるというものです。現在のバージョンでもデフォルトだとこの機能がオンになっています。

ちなみに自動更新の対象は全てではなく、デフォルトでコアファイル (WordPress本体) のマイナーアップデートと翻訳ファイルのみになります。それ以外のコアファイルのメジャーアップデート・プラグイン・テーマのアップデートは従来通り手動更新です。

自動更新対象 / デフォルト設定

  • コアファイル(マイナーアップデート) / ON
  • コアファイル(メジャーアップデート) / OFF
  • プラグイン / OFF
  • テーマ / OFF
  • 翻訳ファイル / ON
【メジャーアップデートとマイナーアップデートの違い】

メジャーアップデートというのはWordPress3.9から4.0、4.3.1から4.4のように数字が大きく変わるアップデートです。今回のWordPress4.4から4.4.1というようなアップデートはマイナーアップデートになります。

この2つのアップデートの数字以外に違う点が、メジャーアップデートがWordPressの仕様が大きく変更されるアップデートだという事。マイナーアップデートは今回の4.4→4.4.1のように脆弱性を修正したり比較的小さなアップデートとなります。

ちなみにWordPress4.0″Benny”は2014年9月にリリースされました。3.7→3.8や3.8→3.9のメジャーアップデートと比べて3.9から4.0とバージョンの数字が大きく変更されたので通常のメジャーアップデートを超える大きなアップデートなのか、という声もあったようですが通常のメジャーアップデートとなんら変わりのないバージョンだったようです。

マイナーアップデートの自動更新だけなら今回のように脆弱性を修正して最新の状態を保つという場合もありますし、メジャーアップデートと比べ大きく仕様が変更されるというほどの事はないようなです。なのでデフォルトの更新設定のままでも大きな問題はないでしょう。

ちなみに自動更新の設定を変更したい場合、変更する事も可能という事です。

この記事のまとめ

デフォルト設定のままなら、コアファイルに関してはしばらくマイナーバージョンで自動更新になると思われるので、特に気にする必要はないと思います。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!