「Windows10」電源オプションの設定方法

windows10-poweroptions-min

今回はWindows10における「電源オプション」の設定方法を紹介したいと思います。パソコンにおける省電力の設定をしてみたい方必見です。

SPONSORED LINK

▼目次

  1. 電源プランの選択またはカスタマイズ
  2. 電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化
  3. 電源プランの作成
  4. まとめ

電源プランの選択またはカスタマイズ

「電源オプション」画面の起動方法はコントロールパネルから「システムとセキュリティ」→「電源オプション」。またはデスクトップ左下の検索枠に「電源オプション」と入力検索します。
windows10-poweroptions2-min

ここで「バランス(推奨)」・「省電力」という2つの項目がでてきます。初期値(デフォルト)では「バランス(推奨)」が有効です。

下のコチラをクリックすると「高パフォーマンス」という項目もでてきて3つの項目から選べるようになります。

windows10-poweroptions3-min
これはバランス的な消費電力が良いのであれば「バランス(推奨)」。
とにかく省電力な設定がいいのであれば「省電力」を選択すればいいでしょう。そのかわり「省電力」はパフォーマンスが低下してしまいます。

その逆でとにかくパフォーマンスを重視するのであれば「高パフォーマンス」という選択肢があります。こちらもその代わり消費電力が大きくなってしまいます。

3つの設定を文字であらわすとこうなります。

  • 「バランス(推奨)」… 消費電力(中)、パフォーマンス(中)
  • 「省電力」… 消費電力(小)、パフォーマンス(小)
  • 「高パフォーマンス」… 消費電力(大)、パフォーマンス(大)

バッテリー使用が多いのであれば「省電力」がいいのかもしれません。

各設定横の「プラン設定の変更」を選択すると初期値の設定からカスタマイズすることができます。

windows10-poweroptions4-min
ここで「ディスプレイの電源を切る」時間の設定。「コンピューターをスリープ状態にする」設定。「プランの明るさを調節」することができます。バッテリ駆動じ、電源に接続している状態をそれぞれ設定できます。

  • 「ディスプレイの電源を切る」… 1分、2分、3分、5分、10分、15分、20分、25分、30分、45分、1時間、2時間、3時間、4時間、5時間、適用しない
  • 「コンピューターをスリープ状態にする」… 1分、2分、3分、5分、10分、15分、20分、25分、30分、45分、1時間、2時間、3時間、4時間、5時間、適用しない
  • 「プランの明るさを調節」… 「暗」⇔「明」ゲージ調整

設定後に初期値の設定へ戻したいという場合は「このプランの規定の設定を復元」を選択で元に戻すことも可能です。

より詳細な設定をしたいという場合は「詳細な電源設定の変更」を選択するといいでしょう。
windows10-poweroptions5-min

こちらの画面からより詳細な設定を変更することができます。
windows10-poweroptions6-min

設定を元に戻したいという場合は「規定のプランの復元」で元に戻すことができます。このより詳細な設定は「バランス(推奨)」・「省電力」・「高パフォーマンス」各設定をそれぞれカスタマイズすることが可能です。

電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化

続いて電源ボタン・パスワードの設定について見ていきましょう。先ほどの画面の左メニューから「スリープ解除時のパスワード保護」を選択します。

windows10-poweroptions7-min

もう1操作戻ってコントロールパネルから「スリープ解除時のパスワードの要求」からでも行けます。

windows10-poweroptions8-min
windows10-poweroptions9-min

ここでは以下4つの設定を行うことができます。全ての設定を変更するには「現在利用可能ではない設定を変更します」を選択しておく必要があります。

  • 「電源ボタンを押した時」… 何もしない、スリープ状態、休止状態、シャットダウン、ディスプレイの電源を切る
  • 「カバーを閉じた時」… 何もしない、スリープ状態、休止状態、シャットダウン
  • 「スリープ解除時のパスワード / 有効・無効」… パスワードを必要とする(推奨)、パスワードを必要としない
  • 「ショットダウン設定」… 拘束スタートアップを有効にする(推奨)、スリープ、休止状態、ロック

windows10-poweroptions10-min

設定の中の「高速スタートアップ」は推奨となっていますが、パソコンの不具合が気になっているという方はこの設定を無効にしてみるというのもいいかもしれません。

「高速スタートアップ」はWindows8から搭載されている機能です。起動時間を高速化するための機能ですが、実は完全なシャットダウンではありません。。今まで電源を切ってシャットダウンだと思っていたのは実は内部的には休止状態でもあったのです。

もちろんこの設定を無効にすることで全ての不具合が解消されるわけではないのですが、パソコンの電源を毎回しっかり切っておきたいという方はこの設定を無効にすることをお勧めします。

関連記事 :「シャットダウンをしても完全なシャットダウンではない?!」 Windows10 – 高速スタートアップ設定方法

電源プランの作成

左メニューから「電源プランの作成」を選択してみましょう。

windows10-poweroptions11-min

ここでは既存の3種類の設定を元に新たな電源プランを独自にカスタマイズすることもできます。

windows10-poweroptions12-min

まとめ

今回は「電源オプション」について紹介してみました。

コントロールパネルからの設定・確認方法を以下にまとめてみました。良かったら参考にしてみてください。

windows10-poweroptions13-min

SPONSORED LINK

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!