「通常シャットダウン」と「完全シャットダウン」 Windows10高速スタートアップの設定

ON OFF

Windows8以降のOSでは「高速スタートアップ (ハイブリッド・ブート)」という機能がデフォルトで搭載されています。これはパソコンに電源を入れてから操作画面に移るまでの時間が高速化されるというもので、この機能はWindows10にも引き継がれています。

SPONSORED LINK

▼この記事の目次

高速スタートアップという機能

Windows8/ 8.1/ 10は、パソコンの電源を切る時にシャットダウンボタンを押せばユーザーから見れば完全にシャットダウンされているように見えますが、内部的には「高速スタートアップ」をするための「休止状態」になっているというだけで「完全なシャットダウン」ではないのです。

これは知らなければ「完全なシャットダウン」状態になっていると思っているユーザーも多いかと思いますが、実は違ったのです。

ちなみにWindows XP、Windows7にはこの機能が搭載されていません。「完全なシャットダウン」からの「コールド・ブート (フル・ブート)」 機能がデフォルトで付いているそうです。

高速スタートアップのデメリット

「高速スタートアップ」は起動が速くなり一見便利で快適になるように思えますが、メリットだけではないようです。この仕組みを知っている人の中には「高速スタートアップ」を無効化する人が多いようですが、実際にどのようなところがデメリットとなるのでしょうか。

不具合がおきる可能性がある

「高速スタートアップ」を無効化にする場合、大抵がこのような理由からだそうです。BIOS/UEFIの設定を変更したりシャットダウン後にデバイスを追加・変更した場合、その後「高速スタートアップ」を実行したときに不具合が起きてしまう可能性があるのだとか。

デフォルトで「ON」になっている機能なので全てにおいて不具合が起きてしまうという事はないのでしょうが、パソコン起動時の不具合の原因を特定すると「高速スタートアップ」だったという場合が結構あるようです。

「高速スタートアップ」ハイバネーションファイル

ハイバネーション (Hibernation=英単語意味…冬眠) はOSにある機能のうちの1つで、パソコンの電源を切る直前の状態をメインメモリに保存して、電源を入れた時に切る直前に作業していた状態からスタートできるという機能です。「高速スタートアップ」機能を実現しているのはこのファイバネーションファイル (hiberfil.sys)ともいえます。

つまりカーネルというOSの核の部分は休止状態になっているわけです。

ハイバネーションファイル

Image : Delivering fast boot times in Windows 8 | Microsoft

上の画像は従来の「コールド・ブート」と「高速スタートアップ」を比較したものです。「Hiberfile.sys」に書き込まれたデータを読み込む (Read) する事で起動時間が大幅に短縮されているのがわかります。

このように「高速スタートアップ」は起動が高速化するというメリットがありますが、不具合の原因になりかねないというデメリットともいえる部分もあります。

次の章ではこの機能を「オフ」にする方法を紹介したいと思います。

Windows10で「高速スタートアップ」を無効にする方法

それでは「高速スタートアップ」を無効にするための設定をしてみましょう。

まずはコントロールパネルを開き、「ハードウェアとサウンド」を選択します。
ハードウェアとサウンド

「電源オプション」を選択します。

電源オプション
「電源ボタンの動作の選択」を選択。

電源ボタンの動作の選択

このような画面になりますので、「現在利用可能ではない設定を変更します」を選択します。

現在利用可能ではない設定を変更します

すると画面が切り替わらず、同じ画面のままで「シャットダウン設定」が設定可能状態になるので「高速スタートアップを有効にする (推奨)」のチェックを外し「変更の保存」を選択すればこれで完了です。
シャットダウン設定 高速スタートアップを有効にする

「高速スタートアップを有効にする (推奨)」という項目が現れない場合はお使いのパソコンが「高速スタートアップ」に対応していないという事になります。

設定方法「その2」

「設定」からもいけるようです。開いたら「システム」を選択。

設定 システム

「電源とスリープ」→「電源の追加設定」を選択します。

電源の追加設定

すると前述の「電源ボタンの動作の選択」と同じ画面に切り替わるので、同じように設定変更手順を進めていきます。

起動時間を比較計測してみた

この「高速スタートアップ」を無効にしているのと、有効にしている状態でどの位起動時間が違うのか比較してみました。計測方法はシャットダウンされている状態から電源をONにすると同時にストップウォッチを押すという方法でいきたいと思います。

電源ONから操作可能画面になるまでの時間です。

「高速スタートアップ」ON

ストップウォッチ 12秒71

パソコン本体の環境にもよるかもしれませんが、複数回計測して電源入れてから起動までほぼ12、13秒の間で収まりました。ある程度キャッシュがある状態でも起動にかかる時間は同じ位になりました。

「高速スタートアップ」OFF

ストップウォッチ 22秒05

こちらの方は電源を入れてから起動まで21、22秒ほどです。やはり「高速スタートアップ」をONにした状態の方が起動まで速いですが、この程の差であるのなら機能をOFFにしていてもさほど気にはならないという時間です。

それもそのはずWindows8から「高速スタートアップ」の機能が実装されましたが、それ以外にも起動を速くするための機能が加わっているようで機能をオフにした状態でもWindows7やその前のOSバージョンに比べると起動時間がある程度は速くなっているのです。

あと「高速スタートアップ」をONにしていると起動はもちろん速くなりますが、作業データをメモリに保存しているからなのか電源OFFまでの時間が機能をOFFにしている状態より長くなっているようにも感じました。

この記事のまとめ

OS起動の仕組みの部分にもう少し細かく迫ってみたかったのですが、今回はハイバネーションファイルについてふれるだけにしておきました。また、このジャンルを書く機会があればその辺は別記事にて紹介してみたいと思います。

SPONSORED LINK

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!