「ゲーム開発の民主化?!」ゲームエンジンUnityとは – インストール方法

Game

Unityというツールを知ってますか?

筆者自身はパソコンにあまり詳しくない時、つまり1年半ほど前にインストールして使ってはみたものの思ったより操作項目が多く玉転がしゲームみたいなのを作りましたが全体的によくわからなかったので、やっぱり辞めたという経緯があります。(笑)

今回は再挑戦という意味も含めてUnityについて紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

photo by Ian Dick

▼この記事の目次

  1. 「ゲームエンジン」Unityって?
  2. 「Unity5」アセットストア
  3. 「Unity5」インストール
  4. この記事のまとめ

「ゲームエンジン」Unityって?

Unityは複数のプラットフォームに対応する高性能ゲームエンジンです。ゲームエンジンというのはゲームを効率的に作るためのソフトウェアを集めた統合開発環境の事です。

▼「Unity」動画 – YouTube

どのジャンルのソフトウェアでも言える事ですが、もちろんゲームエンジンにもこのように様々な種類があります。

ゲームエンジン

  • Unity5
  • Unreal Engine4 (以下 UE4)
  • Cocos2d-x

このゲームエンジンの中で気になったのが「Unity5」そして「UE4」です。この二つのゲームエンジンはネット上でよく比較されています。「UE4」も「Unity5」と同じマルチプラットフォームのゲームを作る事が出来ます。

気になるのが料金の方ですよね・・
料金比較

  • 「UE4」… 無料で使用できる。販売した場合は5%のロイヤリティが発生。 ※ 2015年3月より利用・無料化
  • 「Unity5」… 「Personal Edition (無料版)」・「Professional Edition (有料版)」とあります。ゲーム販売による前年度の総売り上げが US$100000 (現在の円… 1125万円) を超えるまでは「Personal Edition (無料版)」を使い続ける事が出来る。

「UE4」はおそらく「Unity5」から少しプロ向けにしたような感じになるのでしょう。細かい仕様の違いはあるでしょうが特別大きな違いはないようです。とりあえず「Unity5」でゲーム開発をはじめる事にしましょう。アプリゲームなどの制作会社によってはUnityを扱えるという自体を必須のスキルとしている所もあるようですし。
US$100000の売り上げまでというと個人でゲーム制作をしていく分には「Unity5 – Personal Edition (無料版)」で十分過ぎる位でしょう。といっても、自由自在に扱えるようになるのは簡単ではないと思いますが。

ゲーム開発の民主化って?

巷では「Unity」がゲーム開発業界に「ゲーム開発の民主化」をもたらしたとも言われているようです。それもそのはず、Unityを提供している会社自体が「ゲーム開発の民主化」を目指している企業だからです。

最新の高性能技術を利用する事が出来る

「Unity5」では3Dや物理演算が使えるようになっています。物理演算とは実際の物の動きなどをシミュレーション化したものです。例えばボールの動きだったり、車が走っている時の動きだったり、風だったり。

こういったものを一からプログラミング言語で作り上げるって難しい事ですよね。そのような高性能技術が用意されていて使えるという事です。「Unity」は基本3Dのゲームエンジンのようですが「Unity2D」という機能も用意されているようで、昔のファミコンのような2Dゲームを作りたい場合は「Unity2D」を利用すればいいようです。

Unityによって作られているゲーム

世に出回っているゲームのうちの約4割はUnityによって作られているといいます。
それ以外のゲーム制作会社は自社でこういった開発環境を構築しているようです。

「これもUnityで作られてるんだ」というゲーム一覧

  • ドラゴンクエスト8
  • 白猫プロジェクト
  • クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ
  • ほしの島のにゃんこ

筆者はゲームは好きですが最近のゲームにそれほど詳しいわけではなく、最近レビューを見ながらちょいちょいAndroidアプリゲームをやっている位です。テレビCMやパソコン広告などでよく見るいわゆる定番のゲームをまとめてみました。

もちろんこういった有名タイトルは大人数で開発している大手ゲーム制作会社でもありますしプログラミング言語知識、デザインなどのスキルも必要だと思いますので全体のほんの一握りで、ひと昔前に比べこういった開発環境が用意されているという事で競争率が激しくなりうもれてしまっているタイトル数も数多くあると思います。でも個人で頑張っている方も居るには居るようです。

Unity4からUnity5というバージョンになってゲーム会社が抱えている開発環境に今までよりも近い環境レベルの開発がUnityを使い個人の手でできるようになったようです。Unityを使用する開発者は世界中で400万人を超えています。

マルチプラットフォームに対応

unity2

そんなUnityの魅力のうちの一つがマルチプラットフォームであるという事です。今話題のAndroid/iOSアプリゲームはもちろんの事プレステ4、Xboxなどの家庭用ゲーム機向けのソフトを開発する事も可能なんです。

↓主なプラットフォーム
PCゲーム (Windows/Linux)
iOSアプリ
Androidアプリ
PlayStation 4
PlayStation Vita/VR
Xbox 360/One
WiiU
3DS

プログラム言語は何が使用されている?

Unityでは以下2つのプログラミング言語を使う事ができます。JavaScriptはUnityScriptともいうようでUnity専用の言語になるそうです。Javaは使えないようですが、Javaに似ている部分もあるといわれる言語C#が使えます。

  • JavaScript
  • C#

以前はプログラミング言語のBooも使えたようですがUnity5からC#・JavaScriptとこの2つの言語になりました。

「Unity5」アセットストア

アセットストア (AssetStore) というのはUnity内にあるショップの事です。
Unityでゲームを作る為の部品が配布・販売されています。何があるのかというと

「キャラクター・背景などの素材」・「画像」・「効果音・BGM」・「開発効率化プラグイン」などとゲームを作るための部品が集まっています。

試しにロボットのキャラクターで検索したら沢山出てきました。このような形で配布・販売されています。

unity

3D モデル/キャラクター/ロボット | Asset Store – Unity

「アニメ風キャラ」「動物」・「恐竜」・「背景用の木」・「山」などありとあらゆるものが配布・販売されていて見ているだけでもわりと面白いです。

驚いたのが「完成プロジェクト」なるものがストアで配布・販売されている事です。これは何かというとすでに完成されているプロジェクト (ゲーム) です。しかも結構沢山あります。これをそのまま自分のものとして公開していいのかはわかりませんが、どんな内容なのか中身を見るために学習用に利用するという使い方もできそうです。

自作のアセットを配布・販売する事もできる

なぜこれほどまでに豊富なアセットが揃っているかというと、世界中の開発者が自作アセットを配布・販売しているからです。

「Unity5」にはゲームを制作する側の開発者と、そのゲーム開発者達相手にアセットストアでアセットを公開し販売してその売り上げを生業にしている側の人達もいるという事です。

「Unity5」インストール

それでは実際に「Unity5」をインストールしてみましょう。

▼「Unity – Get Unity」ページにアクセス「Personal Edition」から「無料ダウンロード」を選択します。

unity3
▼「インストーラーをダウンロード」を選択。デフォルトではWindowsになっていますが、Mac OS Xの場合は「プラットフォーム」から切り替える事が出来ます。

unity4

▼「Next」を選択。画面が切り替わったら「I accept the license Agreement」をチェックしまた「Next」を選択します。

unity5-6

ここでダイアログ内にいくつかチェック項目が現れました。コンポーネントとはUnity5でゲーム開発するために使用する部品 (ソフトウェア) の事です。
unity7

こういったものは後々追加できるとは思いますが、一応「Example Project」「Android Build Support」「iOS Build Support」の3点を追加しておきます。3点とも名前の通りサンプルのプロジェクト、そしてAndroid/iOSアプリゲームを制作する場合のためのコンポーネントです。

▼そしてインストール先フォルダの選択です。デフォルトのままで「Next」を選択しました。

unity8
▼続いてライセンスを確認し、「I accept the terms the License Agreement」にチェック→「Next」を選択。

unity9
結構時間がかかります・・
筆者の環境では2時間程かかりました。

▼全て終わったら「Finish」を選択してUnityを立ち上げます。

unity13

アカウントの作成

unity14

「create one」を選択します。するとブラウザに表示に切り替わるので必要事項に記入していきます。右上プルダウンから日本語を選択できます。

気を付けたいのが「ユーザー名」が日本語だとエラーの原因になってしまう可能性があるので、英数字、「_」を使う必要があるというところです。

▼全て記入したら「アカウント作成を選択します。」

unity15

すぐに登録に使用したメールアドレスにメールが届くので文中「アカウントを認証する」を選択します。これでUnityのアカウントが作成されました。

続いてブラウザからUnity5の画面に移ります。先ほどのブラウザ操作の直前の画面でアカウントにログインして下さい。

▼ライセンスの選択画面です。ここはもちろん「Personal Edition」→「Next」を選択します。
unity16

すると下記のように3つの選択肢が現れます。

▼3を選択します。1が前年度の売り上げが約1125万円以上、2が前年度の売り上げが約1125万円以下。

  1. The Company or organization | represent earned more than $100,000 in gross revenue in the previous fiscal year.
  2. The Company or organization | represent earned less than $100,000 in gross revenue in the previous fiscal year.
  3. I don’t use Unity in a professional capacity.

▼続いてアンケートです。英語なのでやや面倒ですが答えて空欄をうめていきます。画面が切り替わるので「Start Usinng Unity」を選択します。

unity17

上のアンケート項目で「Hobbyist」は趣味で暇な時にいじる頻度で使用します。といった感じのニュアンスです。「Student」は生徒として~、「Teacher」は先生として~

というのも何も用途はゲーム制作だけに留まらず、芸術、建築、医療、教育、防災などありとあらゆる分野に活用できるそうです。色々な可能性を感じますね。

完了です。

unity18

この記事のまとめ

思っていた以上にインストールから起動まで時間を要してしまいました。「Unity2D」という機能があるのでそちらを使いまずは2Dのシンプルゲームを作ってみたいと考えています。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!