Twitterのプロフィール画像とヘッダー画像の最適サイズ

木にとまる小鳥

去年(2016年度)は、Twitterが100億円を超す大赤字であるとかあのディズニーが買収に名乗りを上げたりといったことでTwitterが話題となりました。そんなTwitterは、日本国内では今だ根強い人気を誇るSNSとなります。

Twitterをユーザーとして利用するのであれば、まず作っておきたいのがプロフィール画像とヘッダー画像です。これらの画像を用意することで他のユーザーから見てイメージが沸きやすくなりますから、伝えたいことやサービスをよりアプローチする効果があります。

SPONSORED LINK

▼目次

  1. 最適な画像サイズ
  2. 各画像の作り方
  3. まとめ

最適な画像サイズ

こういったWEBサービスの利用規約は年々更新されていきます。もちろんコンテンツの内容もその都度更新されますから、2年前の情報では正しくないという場合がでてきます。

今回は、現時点(2017年2月現在)の最新情報を紹介したいと思います。Twitterの画像に関連するヘルプを見てみましょう。

3. 画像のデータサイズを確認する。プロフィール画像の最大ファイルサイズは2MBです。

4. サイズ (寸法) を確認する。プロフィール画像の推奨サイズは400×400ピクセルです。ヘッダー画像の推奨サイズは1500×500ピクセルです。

参考 : プロフィール画像をアップロードできない | Twitterヘルプセンター

Twitterプロフィール画像・ヘッダー画像サイズ

上の画像がパソコン版のAのプロフィール画像とBのヘッダー画像です。各サイズは以下となります。

  • 「A:プロフィール画像」… 400px × 400px
  • 「B:ヘッダー画像」… 1500px(横) × 500px(縦)

ちなみにスマホだとこのような表示になりますが、上記の画像サイズを1枚ずつ上げれば自動的に最適化されるので問題ありません。

Twitter スマートフォン

各画像の作り方

画像編集の初心者からしたら、画像を編集するというのはよくわからなくて難しいことのように感じてしまいますが慣れてしまえば簡単なことです。

クラウドソーシングなどにお金を払ってSNS用アイコンを制作してもらうこともできますが、自分でできることなので画像編集がいまいちよくわからないという方はこの機会に自分で作成してみて下さい。
まず迷ってしまうのが画像を編集するためのソフトです。一言に画像編集ソフトといっても様々な種類がありますので、どれを使えばいいのか迷ってしまいます。

GIMP2のインストール

そこで高機能・画像編集ソフト「GIMP2」の出番です。GIMP2は、プロの絵師も使用するほどの本格派な画像編集ソフトで、高機能なのに無料で使えるという優れものです。

GIMP2公式・ダウンロードページ

GIMP2の公式ページから入ると、「BitTorrent」と「directly」2種類のダウンロード方法に分かれています。

「directly」を選択した方が簡単に導入できるので、ここは右側を選択しましょう。

GIMP2 ダウンロード

ダウンロードした実行ファイル(.exe)を選択、するとこのような言語の選択画面になります。日本語はないのでここは「English」のままで「OK」を選択。

GIMP2 Select Setup Language

インストールが完了すると自動的に日本語に切り替わるので特に問題はありません。
「Install」を選択するとインストールが始まるのでこれでセットアップは完了となります。「Customize」も特にいじる必要はないでしょう。
GIMP2 インストール

GIMP2で画像を作る

インストールしたGIMP2を起動するとこのような3つの孤立した画面が立ち上がります。

GIMP2 ツールボックス・メニュー・レイヤー

  • 「A」ツールボックス
  • 「B」メニュー
  • 「C」レイヤー

GIMP2の操作になれてしまうとそれほど難しいことではないですが、一から説明すると1つの記事では収まりきらなくなってしまうので画像の作り方のみの手順を紹介していきます。

画像の作成

Twitterプロフィール画像を例にして作成してみましょう。Bの上メニューから「ファイル」→「新しい画像」を選択します。

するとこのような画面が立ち上がるので、幅・高さともに「400(px)」と入力→「OK」を選択します。

新しい画像を作成 GIMP2

今後はこのような画面が立ち上がります。この白背景の部分がキャンバスや用紙がわりとなります。ここ絵を書いたり写真・画像を組み合わせて入れたりして1つの画像を作るのです。
GIMP2 キャンバス

画像に加え、文字も入れたい場合は、Aのツールボックス内のここを選択して文字を入れます。

ツールボックス内テキスト GIMP2

標準搭載のフォントではなく、もっとお洒落なフォントにしてみたいという場合はダウンロードしたフォントを使用することができます。フォントは有料のものがありますが、ほとんどが無料で公開されているフリーフォントなので、画像を華やかにするために使ってみる価値はあるかもしれません。

▼関連記事

導入したフォントをGIMP2で使用する場合、フォントをOS内にダウンロードした後にGIMP2を再起動すれば有効になるのですぐに利用することができます。

画像の保存方法

Twitter用のプロフィール・ヘッダー画像が完成したら、画像を利用できる状態にするために出力する必要があります。GIMP2では「.xcf」という独自の拡張子をサポートしているためそのままでは通常の環境で使用できないのです。

この場合、「ファイル」→「名前を付けてエクスポート」を選択すればローカル内に出力することができます。Twitter用の画像をアップする場合「.png」「.jpg」でも問題なくアップすることができます。

まとめ

Twitter用プロフィール・ヘッダー画像の各最適サイズと、GIMP2を使用した画像の作り方を紹介しました。

ヘッダー画像は、パソコン表示とスマホ表示される部分に若干の誤差があるので見比べながら調整するといいでしょう。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでMechalogをフォローしよう!



トップへ戻る