「格安SIM」SMSオプションは必要?それとも必要ない?

smartphone

何かと話題の格安SIM。MVNOという言葉もよく耳にしますよね。

3大キャリアから格安SIMに移行する場合、SMSオプションを付ける、または付けないかをどうするか迷うところですね。

SPONSORED LINK

photo by Johan Larsson

▼この記事の目次

  1. 「音声通話SIM」と「データ通信SIM」
  2. SMS / ショートメッセージサービス
  3. SMSが必要な場合の理由
  4. まとめ

「音声通話SIM」と「データ通信SIM」

まずざっくりと説明をしましょう。

SIMカード

携帯電話にはSIMカードというものがあります。SIMカードは大きさによって3種類あり「標準SIM」「micro SIM」「nano SIM」になります。

SIMカードの大きさ

  • 「大」標準SIM
  • 「中」micro SIM
  • 「小」nano SIM

僕のAndroidの裏のフタを開けてみたら、小さいSIMカードが出てきました。差し込み口にnanoと書いてあったのでおそらくこれがnano SIMでしょう。

▼USBメモリと大きさを比較してみた
sim

どれがいいかというと小さいnano SIMが一番良いみたいです。差し込み口が大きい場合でもこのように外枠をはめれば装着できるというので、小さい方が互換性があるという理由です。

「SIMロック」と「SIMフリー」

SIMロックは3大キャリア (docomo、ソフトバンク、au) によって制限されていたもので、SIMカードを差し込んでも別のキャリアでの使用ができないというものです。

2015年に「SIMロック解除の義務化」が開始され、以前はキャリアのSIMロックを解除できなかったのがユーザーが希望すれば解除できるというようになりました。

このようにキャリアの制限がない事をSIMフリーと言います。そもそも海外ではSIMフリーが一般的でした。日本もSIMフリー化した事で、ユーザーが制限なく自由に好きなキャリア、MVNOを選べるようになりました。

search【MVNO】

MVNO (Mobile Virtual Network Operator / 仮想移動体通信事業者) は、格安SIMを提供している事業者です。もっと詳しく言うと、docomoなどのキャリアから回線を借りて通信サービスを提供している会社です。

ちなみにキャリアの場合は、VirtualのVを抜いたMNOとなります。

またユーザーが自由に選べるという事で市場全体で競争が生じ、結果的にサービスの価格が安くなっていくという効果が期待されています。

格安SIMの種類

格安SIMには大きく分けて2種類、「音声通話対応SIM」「データ通信SIM」があります。

「音声通話対応SIM」が070、080、090の番号が付与されている格安SIMです。キャリアからMNPという電話番号を変えずに移行するという場合はこちらの種類を選択します。

「データ通信SIM」は070、080、090の番号が付与されない、データ通信のみの格安SIMサービスです。ネットだけの使用でいいという場合はこちらでもいいでしょう。

「データ通信SIM」でも電話番号を使用する場合は050の番号が使用できるIP電話アプリなら使用する事ができます。また、「データ通信SIM」でもMVNOによってはSMSオプションが付いてるものもあるようです。

SMS / ショートメッセージサービス

mail

前SMSについて触れた記事があります。どんな技術なのか見てみましょう。

SMS (Short Message Service / ショートメッセージサービス) というのは、メールアドレスがわからない相手でも電話番号に向けておよそ70文字のメッセージが送れるというサービスです。

au、ドコモ、ソフトバンクの3大キャリア、Y!mobileなどのが提供していてauの場合はCメールという名称になります。送信する時のみ料金がかかり一通当たり約3円かかります。ちなみにパケット通信を使っていないので通話料金の方に加算されるようです。
SMSの歴史
SMSの歴史を簡単に振り返ってみましょう。SMSは1984年に「テキストメッセージの父」と呼ばれたフィンランド人のマッテイ・マッコネン氏 (Matti Makkonen – 1952年~2015年) によって発案されます。余談ですがマッコネン氏は特許が取れるという事を知らなかったため、SMSの発案によって一切収益を得ていないようです。

現在でも世界的に使われているサービスになりますが、日本では今となっては懐かしいPHSのサービスとして1996年4月から開始されました。その後に続いて1997年6月に携帯電話でもSMSサービスが開始されます。

今となってはキャリア間の別キャリアへのSMS送信は出来ますが、出来るようになったのは約5年前からです。2011年7月13日よりそれまで同キャリアでしか送る事が出来ず、別キャリアには送れなかったSMSがキャリア間で自由に送れるようになりました。

ちなみに日本ではSMSと言えば電話番号しかわからない相手に送ったり、着信があった相手にメッセージを送っておくという使われ方が多いと思われますが、海外ではSMSを使ったやり取りははわりと主流なサービスになっているようです。

2011年までは同キャリア間しか送れなかったのでそのイメージもあるかもしれません。やはり以前からキャリア間関係なしに送る事が出来るメールアドレスを使ったメッセージのやり取りの方が主流になっている印象です。

参考: SMSについて | 電話番号を持っていない場合でもSMS認証する方法!

今では懐かしいあのPHSから使われるようになったサービスなんですね。僕も昔はSMSをよく利用していました。電話番号を知っている相手にはSMSを、メールアドレスしか知らない相手にはEメールを。というように使い分けしていました。

今ではスマホならLINEやGmailなどのフリーメールがあれば十分ですもんね。

SMSが必要な場合の理由

さっきも言ったように格安SIMであってもLINEやSkype、Gmailなどのアプリを利用すれば十分かのように思えます。格安SIMでSMSの機能付きとなるとSMSが付いてないものに比べて月に余分にかかってしまいます。だいたい+で毎月150円前後が相場のようです。

格安SIMにSMSオプションが必要だという場合、どんな理由があるのか見てみましょう。

SMS認証

SMS認証があります。SMS認証を行う場合がある主なアプリに「YouTube」「LINE」「Dropbox」があります!他にもネットバンクやオンラインゲームなど様々なWEBサービスでSMS認証をする必要がある場面に出くわします。

格安SIMにSMS機能を付けないといった場合に最も困ってしまうのがこれじゃないのかなと思います。

SMSを付けていない場合でどうしてもSMS認証をしたい場合どうしたらいいものかと困ってしまいますよね。このような方法もあるようです!

sms

参考: 「textPlusの改良版・Nextplus」 電話番号を持っていない場合でもSMS認証する方法!

セルフスタンバイ問題

格安SIMにSMS機能を付けていないと、セルフスタンバイ問題を起こしてしまう可能性があります。

携帯電話は電話回線につながっている前提で作られています。電話回線の電波をずっと探している状態のためバッテリーの消耗が激しくなってしまう現象の事をセルフスタンバイ問題というようです。

SMS機能なしのSIMを使用していると、セルフスタンバイ問題の状態になってしまう場合があるようです。対策のためにはSMS機能を付ける必要があります。
確認してみる h4
Androidから確認する方法です。機種の種類によって違うかと思いますがだいたい似ているような項目でしょう。

「設定」→「一般」→「バッテリー」→「バッテリー消費量」と選択します。ここにセルフスタンバイとありましたね。

sim4
これが100%に近い程バッテリーを消耗しているという事です。僕の場合、今は完全Wi-Fi運用で通話機能はIP電話を使用していますが、46%もセルフスタンバイによって消耗しています。

LTE問題

LTEにつながらない、もしくは通信速度が遅い。といった事になる可能性があります。

まとめ

最後にまとめとして、今回検証してみた結果を僕的にジャッジしたいと思います!

格安SIMにSMSオプションは必要です!
SMSがなくても認証ができる方法はあるみたいですが、やはり「セルフスタンバイ問題」が気になってしまいますね。バッテリーの劣化が進んでしまいますからね。一番のネックと言えるかもです。

SMSオプションはほとんどのMVNOで毎月120円~150円程なので、バッテリーの劣化を考えると今から格安SIMを検討されている方は付けた方がいいかというのが僕の感想です!

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!