「冷蔵庫とレンシレンジ」お菓子を湿気らせない&湿気っても復活させる裏技

reizoukorange-okashi-min

お菓子が湿気ってしまって「まだ買ったばかりなのに…。」という思いをしたことってありませんか?

お菓子はおそらく湿気っていない状態前提で作られているので、その状態がベストなんです!これが湿気ってしまうとカリッとした食感がなくなり不味くなってしまいます。

SPONSORED LINK

▼目次

  1. 湿気る原因
  2. 「その1」冷蔵庫で保管
  3. 「その2」レンジでチン
  4. まとめ

湿気る原因

ポテチ、クッキー、せんべいなどのお菓子が湿気ってしまう原因って実は空気中の水分なんです。お菓子の表面の小さな穴、亀裂から水分が入って内側のスポンジ状の部分が水分を吸収することによって湿気ってしまうのです。

なので、できるだけ空気に触れないようにクリップや輪ゴムで止めるのは有効な方法なんです。お菓子には乾燥剤が入ってますしこれである程度湿気るのを防ぐことができます。

でももっと有効な方法があります。「冷蔵庫に保管」するという方法と「レンジでチン」するという2つの方法です。

「その1」冷蔵庫で保管

冷蔵庫の中は冷えているだけでなくかなり乾燥しています。その証拠にラップをせずにお米を入れるとお米がパサパサになってしまいます。

食材によっては良いとはいえない乾燥も、お菓子にとっては乾燥させるということはメリットなんです。

試しに冷蔵庫に開けたばかりのスナック菓子を入れてみました。

reizoukorange-okashi2-min

このように冷蔵庫にいれるだけでお菓子の大敵湿気を防ぐことができるんです。また、ある程度湿気ってしまったお菓子も冷蔵庫に入れておくと乾燥状態を復活させることができます。

「その2」レンジでチン

reizoukorange-okashi3-min

急な来客。でも湿気ったお菓子しかない…。いますぐお菓子を食べたいのに湿気ってる…。

こんな時に活用できるのがレンジです。レンジで「10秒~20秒」チンするだけで速攻復活するんです。

この発想はレンジで温めるのではなく、レンジで水分を蒸発させるというところからでしょう。こちらはまさに裏技という感じの方法です。

まとめ

僕がはじめて海外に行ったときに日本で見ないパッケージの珍しさにお菓子を大量購入したことがあります。この時に感じたのがやっぱり日本のお菓子は美味しいしクオリティが高いということ。

そうです、日本のお菓子は美味しいんです。そんなお菓子をいつでも美味しい状態で食べるために冷蔵庫に入れるという方法を皆さんも試してみてはいかがでしょうか。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!