プリンタのインクを節約する方法

ink

パソコンでプリンタを使う機会が多い人にとって結構気になるのが、プリンタのインク代です。今回はインク代の節約についての紹介です。

しかも、純正インク(プリンタメーカーのインク)は高いという印象です。このインクには純正インクだけではなく、非純正インクもあるのです。

まずは、このインク選びから見直す必要があるようです。

photo by Kenny Louie

SPONSORED LINK

インク選び

一言に、プリンタのインクといっても純正インクと互換インクとあります。

純正インクとは、プリンタのメーカーが製造している純正のインクです。メーカー補償がついています。

互換インクとは、プリンタのメーカー以外が製造している非純正のインクです。メーカー補償はついていません。
二つの一番の違いは、純正インクが高く、互換インクが安いと値段にあるのですが品質の方も違うのでしょうか?

この点についてですが私も互換インクを使っていますが品質に大きな差はないようです。互換インクでも問題なく使えます。値段の方ですがメーカーによって多少前後もあるようですが、EPSONだと一本1000円以上します。これが互換インクだと最安では1円~約200、300円位と大分お得に購入できるんです。

またリサイクルインクという種類のエコインクも存在します。

参考「純正インク」「相互インク」「リサイクルインク」プリンターインクはどれがいいの?

1円の互換インク

楽天市場などで「互換インク」最安と検索すると、結構沢山出てきます。1円で売りますがただし条件がありますよ!って所が多いです。

この条件はショップによってまちまちですが

  • レビューを必ず書く必要がある
  • 商品は1円だが送料がかかる
  • 一回の購入で3つまで

などとあります。

このように知っていると・知らないではインク一つでも大きな違いがあります。

プリンタの使い方・設定で節約する

プリンタの使い方や設定で節約する方法もあります。

  • できるだけまとめて印刷する
  • できる限りモノクロコピーにする
  • プリンタの設定を変えるプリンタのプロパティから「印刷品質」を変えるだけでだいぶ節約できます。設定方法はメーカーにより違うと思います。

インク節約ソフト

インク節約ソフトというものもあります。「InkSaver 5」が有名ですが、こちらは有料(15日間無料期間)になるので、ビジネスでがっつり使う以外での用途ならフリーソフトで十分だと思います。
シルバースタージャパンという会社の「なんでもエコ印刷 Windows7対応 フリー版」を選んでみることにしました。win8対応と書いてないですが、多分win8でも大丈夫でしょう。

製品名横の「なんでもエコ印刷 Windows7対応 フリー版」をクリックしてダウンロードして下さい。
printer-save1

すると「NdmEcoFree.zip」というZIPファイルがダウンロードされるので、解凍しましょう。「NdmEcoFree.exe」の解凍した実行ファイルをクリックして下さい。

printer-save2
次へをクリックします。
printer-save3
「同意します」にして「次へ」をクリック。

printer-save4

インストール先の指定ですそのままで問題ないので「次へ」を押しましょう。

printer-save5
追加のインストールの催促画面ですが私は全てチェックを外しました。こちらは任意のインストールになりますが特に必要のない場合チェックを外しましょう。

printer-save6

この画面でようやくインストールできます。「インストール」をクリック。

printer-save7

インストールが完了したようです。「はい、今すぐコンピュータを再起動します。」→「完了」を押してください。

printer-save8
パソコンが再起動されたら、起動してみましょう。デスクトップアイコンに表示されないようなので、検索で「なんでもエコ印刷」と検索すると、「なんでもエコ印刷 Windows7対応 フリー版の印刷設定」と出てきます。

立ち上がったら、上メニューから「基本設定」を選択して下さい。初期値では「インクの節約率」は25%ですが、これを50%に変更し「OK」をクリックします。

printer-save9

これで設定完了です。パソコンでコピーするとインク節約モードがONになっています。

まとめ

たかがインク、いやされどインクです。プリンタを使う機会が多い方はこれを機会に見直してするといいかもしれません。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!