「WPプラグイン」 BackWPupを英語表記から日本語化する手順!

BackWPup

WordPress定番のプラグイン、BackWPupを日本語化する手順です!

その前にBackWPupの事を少し紹介したいと思います。

photo by India7 Network

SPONSORED LINK

▼この記事の目次

BackWPupとは

BackWPupとはWordPressをバックアップしてくれる機能を持つプラグインです。WordPressにトラブルが起きてしまった場合に復元するためのバックアップになります。

コツコツ積み重ねて書いてきたWordPressのデータが、ある日突然消えてしまった。また、管理画面にログイン出来なくなってしまったら困りますよね?

ネット上で実際にそうなってしまったという記事を以前見たことがあったので、私はそれからもしもの場合のためにバックアップは必ず取るようにしています。サーバー・そしてプラグインの不具合が起きる可能性があるかもしれません。自分で誤って消してしまった、もしそんな事になったら洒落にならないですよね。

ちなみにバックアップは手動でする事も出来ますが、WordPressにはバックアップするためのプラグインがあります。そのバックアップ用プラグインの中でも高機能で定番とも言えるのがBackWPupです。

BackWPupで出来る事

BackWPupで出来る事をまとめてみました。

  • 「スケジュールを設定し自動でバックアップが取れる」

BackWPupは毎月・毎週・毎日・毎時と自分の設定したいタイミングでバックアップ予約をする事が出来ます。週一回のバックアップで、なるべく負荷のかからない時間帯 (深夜~朝方など) の設定でいいと思います。

  • 「2か所のバックアップが取れる」

WordPressの全データは1箇所にあるわけではなく、サーバーにあるデータ・データベースにあるデータと分かれているので、それぞれ2か所バックアップを取る必要があります。各データ場所の内容はこのようになります

【データベース… 記事、カテゴリ、コメント、WP管理画面での設定】
【サーバー… アップロードした画像、プラグイン、テーマ】

  • 「データベースの自動最適化」

バックアップ機能だけではなくデータベースの最適化機能も付いてます。

データベース最適化とは、WordPressを長く使っているとデータベース内に不要なゴミがたまっていきます。そのまま放置しているとブログの速度が低下する原因にもなってしまうのです。

そこでデータベースを定期的に最適化しお掃除する事で、速度低下を防ぐ事が出来ます。

その他にDropboxにバックアップファイルを保存していく方法もあるみたいです。

BackWPupを日本語化する手順

693c041886ec99996f4af75481805e66_s

そんなBackWPupですが3.2.0以降では全ての言語が英語になっています。ちなみに現バージョンは3.2.2です。

このままでもわからない時はブラウザの翻訳機能を使ったり… と、使えない事はないですが、やはり元から日本語の方が使いやすいですよね。

このように英語表記です。う~ん、これは見づらい。
backwpup-jp

という事でBackWPupの最新バージョンを日本語化してみようと思います。FTPソフトを使い「 /wp-content/plugins/backwpup/languages 」まで行ってlanguagesファイルの中身を確認してみました。

どうやら日本語ファイルがないようです。
backwpup-jp3
BackWPupの日本語化ファイルは開発者により「GitHub」上で公開されています。

【なるほど用語解説】

GitHub (ギットハブ) とは、GitHub.comが運営している2008年4月に設立されたソースコードのオンライン共有サービスです。個人・法人問わず無料でアカウントを作成 (有料あり) して自分のプログラムやデザイン作品などを共有・公開して管理する事が出来る。

基本ソフトウェア開発者向けサービスのようですが、なかにはGitHub上で小説を書いている方もいるようです。

▼「backwpup-ja-lang-3.0.13」をクリックします。
backwpup-jp4

画面が切り替わるので「wp-content/plugins/backwpup/languages/backwpup-ja.mo」の右側「View」をクリックします。するとまた画面が切り替わります。次は「View Raw」をクリックして下さい。

backwpup-jp5
すると「backwpup-ja.mo」がダウンロードされます。

▼早速、ダウンロードした「backwpup-ja.mo」ファイルをFTPで先ほどの「 /wp-content/plugins/backwpup/languages 」にアップロードして下さい。

backwpup-jp6

WordPressの管理画面を更新すると…

このように日本語化が完了しました!
backwpup-jp7

この記事のまとめ

いやー、英語って難しいですね。日本語化するだけでなんだか使いやすくなったような気がします。

ちなみに余談ですが、江戸時代後期には日本初の和英辞典が出ています。日本人は英語苦手とよく言いますが、時は経っても覚えないもんなんですね。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!