パンくずリストって何?最適なパンくずリストとは

カットした食パン

訪問ユーザーやクローラーにサイトの構造をしっかり伝えるために必要なパンくずリスト。一見地味なイメージですが、サイト運営者にとってパンくずリストはなくてはならないものです。

パンくずリストの知識をしっかり身につけておくことで、今後のサイト運営の手助けになるかもしれません。

SPONSORED LINK

パンくずリストって何?

パンくずリストは、訪問ユーザーがサイト内のどの位置にいるのかをわかりやすくするためにあるものです。

このように記事の左上に表示され、今いる階層ページを表してくれます。トップぺージや前の階層はリンクになっているのでそれらの階層ページに移動することもできます。

パンくずリスト 例
ちなみにパンくずリストという呼び方は、森の中で道に迷わないように石の変わりにパンを置いたというヘンゼルとグレーテルの話が由来です。

その名前の由来の通り、ユーザーはサイト内記事のどこにいるのかいつでも見て確認することができます。また、どのような階層をへて今見ている記事にたどり着いたのか一目で理解できるわけです。

パンくずリストとSEO

このようにパンくずリストはユーザビリティにおいて効果を発揮しますが、Googleなどの検索エンジンのクローラーにとってその効果は絶大なのです。

クローラーがサイトのコンテンツを巡回し認識する過程で、パンくずリストがしっかり作られていることで巡回効率が上がりサイトの検索結果にも影響が反映されやすくなります。
Googleの検索結果を見てみましょう。ご覧のように検索結果に記事のカテゴリ(階層)も毎回表示されることとなります。

Google検索結果 カテゴリ

これはクローラーがパンくずリストやカテゴリを重要視している証拠です。さらにGoogle検索を利用したユーザーが各記事に入らなくても記事カテゴリが一目瞭然でわかるというユーザビリティの面もあります。

気を付けたいのが、カテゴリをWordPress標準のカテゴリ名「未分類」のままにしている記事です。未分類のままだと検索結果にもそのまま未分類と表示されてしまうので、せっかくインデックスされているのにもったいないといえるでしょう。

最適なパンくずリスト

サイトの評価を上げる上でパンくずリストはとても重要な役割をはたしているということがわかりました。

ここで気になるのが、カテゴリをいくつかの階層にしている場合です。

  • 複数階層の例

ホーム > 家電 > テレビ
つまり親カテゴリ、子カテゴリと設定しているときですが、この場合クローラーは親カテゴリと子カテゴリどちらをコンテンツとして最重要視しているのでしょうか。

パンくずリストがある場合は、現状では1つ目を採用する。適切なカテゴリや階層構造に入れようとする。

でもそうは言っても、1つのアイテムが階層構造のなかで複数の区分に属しているなら、1つのページに複数のパンくずリストをおくのはありだ。そうしたほうがGooglebotがもうちょっとだけ適切にサイトを理解する手助けになる状況も実際にある。

でも1つで間に合うならそれで十分で、ほとんどの人がそうやっているし、それが普通のやり方だ。僕たちも、1つのパンくずリストを勧める。

だが、分類方法やカテゴリ、階層構造がすでに決まっていてサイトがそうなっていて、20個もの別々のカテゴリに入っているんじゃなくて、2つとか3つ、4つなら同じページにあるほかのパンくずリストに悪い影響を与えることはない。

僕たちは最初の1つを選ぶ。それが現在の仕様だ。

今後時間とともに、サイト全体の構造をより深く理解できるようになるかもしれない。

出典 : 複数のパンくずリストを1つのページに設置することはSEOにおいて問題ないか? | 海外SEO情報ブログ

Googleのマット・カッツ氏が2014年公開した動画によると、1つ目のパンくずリスト(親カテゴリ)を採用しているとのことです。

とはいえ、子カテゴリといった下の階層のパンくずリストはサイト評価に悪い影響を与えるようなことはないようですし、「ホーム > 親カテゴリ > 子カテゴリ」と階層をしっかりクロールに伝えることで巡回効率が良くなるという結果になるということもあるようです。

つまりカテゴリは親カテゴリがあれば充分なのです。そのようなことからサイトのカテゴリを作るときは、1つ目のパンくずリストに一番含めたいキーワードを入れると良いということになるでしょう。

カテゴリの見直し

カテゴリの見直しはパンくずリストの見直しともいえるので、サイト評価に直接影響を与えることになります。

やはり一番気にかけたいのが、クローラーへの影響が大きい1つ目の親カテゴリです。まずは既存の親カテゴリの「名前」と「スラッグ」(URL)も適切に設定されているのを確認しておきましょう。

WordPress カテゴリ設定

また、カテゴリ別に分けられた親カテゴリの中にしっかり適切な内容の記事が振り分けられているかを確認することも重要です。

WordPressテーマの環境によるものなのかわかりませんが、親カテゴリを複数選択している記事は一番上並びになっている親カテゴリがパンくずリストになっていることがわかりました。そういった意味ではカテゴリの並び順の見直しもサイト評価を改善していく上でポイントとなるかもしれません。

まとめ

今回は、パンくずリストについて紹介しました。特に1つ目のパンくずリストは重要な役割を持っているので慎重に設定・見直しをする必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでMechalogをフォローしよう!



トップへ戻る