送ると贈るの違い

花を持つ女性

日本語は難しいといわれます。私たちが普段何気なく使っている日本語は漢字の読み間違えだったり、「てにをは」などの文法だったり、「つまずく・つまづくの違い」だったりと日本人でも何だろうと思わず考えてしまうことも多いことがわかります。

SPONSORED LINK

おくるの違い

今回は「おくる」の意味の違いです。漢字にすると「送る」「贈る」とあります。

このおくるという言葉を使う場面は多いです。

  • 物をおくる(ギフト・年賀状・プレゼントなど)
  • 物を移動させる
  • 車で送る
  • 言葉をおくる
  • 人材を派遣する(おくる)
  • おくりバント
  • 人を見おくる
  • 悶々とした日々をおくる

どのように送ると贈るを使い分ければいいのでしょうか。送るは、物(人)などを物理的に送る場合に使います。

贈るは、物(言葉)などをおくるときに「ありがとう」といった感謝の意味が含まれているときに使います。気持ちが含まれているかいないかの違いです。
そうなると、送るは「車で送る」「送りバント」「人を見送る」「悶々とした日々を送る」といった場面で使うのが正解といえるでしょう。

贈るの場合は「ギフトを贈る」「プレゼントを贈る」「賞状を贈る」「言葉を贈る」と、このような場面で使うのが正しいといえます。

年賀状をおくる

着物姿の女性

年賀状離れが進んでいるといわれます。それもそのはず、「明けましておめでとうございます」を伝える方法が手紙からメールに変化しているのです。

年賀状は一般的に「年賀状を送る」と使われてきました。しかし最近「年賀状を送るから贈るへ」というキャッチコピーを見かけることが多くなりました。

実は年賀状にはまだ需要があり、本当に大事な相手・クライアントには年賀状をおくる。知り合い・親族にはメールでおくると使い分ける人もいるといわれます。

そういった意味で「年賀状を贈る」に変化しているのでしょう。

年賀状が売れなくなっていく中で、企業が年賀状に新たな意味・価値を作ろうとしたことにもよるものですが、このように時代の流れとともに送ると贈るの使い方が変化することもあるようです。

SPONSORED LINK





送ると贈るの違い
  《Facebook / 最新情報》
  今すぐいいねしてチェックしよう!