「モバイルバッテリー」を「モバブ」と呼ぶ理由


モバイルバッテリーは、電源が無い場所でスマートフォン(以下、スマホ)やタブレット、ゲーム機などを充電できる便利グッズだ。そんなモバイルバッテリーを、ちまたで“モバブ”と呼んでいる人々がいるのをご存じだろうか。“モバ”はともかく、“ブ”は一体どこから出てきたのか。そのシンプルな理由は、約10年前にさかのぼる。

モバイルバッテリーが「モバブ」と呼ばれる理由

日本でモバイルバッテリーの存在を大きく知らしめたパイオニアと言えば、旧三洋電機(現パナソニック)が2007年12月に発売した「eneloop mobile booster」(モバイルブースター)という製品を欠かすことはできない。携帯電話やゲーム機をどこでも充電できる便利さが話題を呼び、08年の「iPhone 3G」発売や、11年の震災時には緊急用のバッテリーとして特に注目を集めた。

モバブ
「KBC-L2AS」。同社の中でも「よく使っていた」という人が多いのではないだろうか

当時、同カテゴリーの商品は種類が少なく、競合製品は片手で数えるほど。自然放電が少なく、繰り返し充電できる乾電池(二次電池)で高いシェアを占めていた「eneloop」ブランドだったこともあり、モバイルブースターはモバイルバッテリー製品の中で確固たる地位を確立。そして「モバイルバッテリー=モバイルブースター」というイメージが定着していったと思われる。


ITmedia編集部内でも当時のようすを聞いてみると、「スマホだけではなく、USBで充電できるデジカメのバッテリーが外で足りなかったとき、本当に役に立った」と、仕事で助けられたという声も多い。私の回りでも、いわゆるガジェット好きのかばんには必ず“モバブ”が入っていたように感じる。

出典 : モバイルバッテリーを略して「モバブ」──“ブ”って何? | ITmedia NEWS

なるほどこんな理由があったとは。そもそも”モバブ”という言葉自体今回の記事で初めて知りました。確かにモバはわかりますが、ブがどこからきているのか由来を知らないとわからないですよね。

Twitterを見ると、結構使っている人が多いことがわかります。私は今まで通りモバイルバッテリーでいいかなって感じです。


SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでMechalogをフォローしよう!



トップへ戻る