WordPressで表示されてしまう「メタ情報」を非表示にする方法

ノートパソコンで作業する人

WordPressはデフォルトでメタ情報というものが表示されてしまいます。

メタ情報は、ログイン画面を起動せずにブラウザからログインできますので運営者側からみて便利というものですが、サイトページを訪問したユーザーにとっては全く関係のない機能なので、ここは非表示にしておきたいところです。

SPONSORED LINK

メタ情報を非表示に

まずはメタ情報がどんなものなのか一度確認してみましょう。右サイドバーの下を見ると「サイト管理」「ログアウト」「投稿のRSS」「コメントのRSS」「WordPress.org」と表記されているのがわかります。これらがメタ情報と呼ばれるものです。

WordPressのメタ情報

○FTP操作

FFFTPやFileZillaといったFTPソフトを使えばメタ情報を非表示にすることができます。編集場所は「/wp-includes/default-widgets.php」です。

表示させたくない部分を削除かコメントアウトするわけです。これでメタ情報の機能を停止させることができます。

具体的には以下の部分を全て削除すればOKです。

↓ここから
<ul>
<?php wp_register(); ?>
<li><?php wp_loginout(); ?></li>

・・・・・・・

wp_meta();
?>
</ul>
↑ここまで

もっと簡単に「メタ情報」を消す方法

メタ情報を消すのにわざわざFTPソフトを起動して… というのはパスワード入力も必要ですしなんだか面倒ですよね。

もっと簡単にメタ情報が消せないかなと模索していた所。ありました。あっけないほど簡単で確実な方法が。

どのような手順で行えばいいのか、見てみましょう。まずはWordPressにログイン。WordPress管理画面から「外観」→「ウィジェット」を選択します。

「外観」→「ウィジェット」を編集 - WordPress

「サイドバーウィジェット」の中の「メタ情報」を使用停止中のウィジェットの所にドラッグ&ドロップで移動するだけです。

WordPressのメタ情報を削除 - ウィジェット

これだけでメタ情報の削除完了です。また表示させたいときは、再度ウィジェットからメタ情報を表示させたい位置に設定させればOK。

こっちの方が簡単かつ確実ですね。FTPソフトを起動せず最初からこの方法をやっとけば良かったという感じです。(笑)

今回はここまで。それでは。


SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでMechalogをフォローしよう!



トップへ戻る