「月額980円で読み放題」Kindle Unlimitedがついに日本上陸!

kindle

ビックニュースです。なんと、あのKindle Unlimitedが8月にも日本に上陸するというのです。本日2016年6月27日、文化通信が伝えました。

アマゾンジャパン、読み放題サービス8月開始へ。文化通信は、新聞、広告、放送、電子メディア、出版といったマスコミ業界の情報を専門に扱う新聞です。

月額980円でKindle本が読み放題というサービスなんですね。Kindle Unlimitedとは何ぞやという方のためにどんなサービスなのかもう少し説明しましょう。

SPONSORED LINK


photo by Giorgio Minguzzi

▼目次

  1. Kindle Unlimitedとは
  2. 少し前から話題になっていた
  3. 出版者にとってメリットが?
  4. まとめ

Kindle Unlimitedとは

Kindle Unlimited (キンドル・アンリミテッド / 以下 KU) は月額9.99ドル/$で60万冊以上の電子書籍が読み放題というサービスです。およそ数千冊に及ぶオーディオブックも提供されています。

元々は米国向けのサービスという事で2014年7月から始まり、それからサービス地域も拡大されてきた。30日間の無料体験期間があるという。

現在では米国以外にも英国、カナダ、ブラジル、メキシコ、イタリア、スペイン、フランス、ドイツ、インドで提供されていてAmazonプライム会員ではなくても利用する事ができます。この価格で読み放題ですから人気のあるサービスのようです。

参考: 「電子書籍読み放題・Kindle Unlimited」 日本へはいつ上陸するのか? | めちゃログ

少し前から話題になっていた

実はこのニュース、今月18日にフライング広告されたとして話題になっており、20日に削除されていたようです。
このときにかなり話題になったというので、それだけKUが注目されているということを物語っています。

出版者にとってメリットが?

Kindleで電子書籍を出版していたユーザーにとってKUは待ちに待ったサービスといっていいのかもしれません。KUが上陸するということで出版社にとってかなりのメリットがあるんです。

Kindleは35%と70%のロイヤリティ (印税) の仕組みがあるのですが70%を選択するにはいくつかの条件をクリアしなければいけません。そのひとつにKU加入があります。

KUのロイヤリティ

KUは月の定額で読み放題というサービスですよね。つまり読み放題、出版者の作品は無料で読まれることになるんです。だからといってロイヤリティが発生しないというわけではないのです。
KUにもちゃんとロイヤリティがあります。読まれたページ数で収益が発生するという仕組みのようですね。読まれた1ページあたり0.0045ドル (0.5円) が収益化されるのです。

  • 100円→200ページ
  • 1000円→2000ページ
  • 10000円→20000ページ

というように、今までもKUによって収益化できる状況でした。しかし日本では提供されているサービスではなかったので米国、英国、カナダ、ブラジル、メキシコ、イタリア、スペイン、フランス、ドイツ、インドなどで読まれればという条件だったのですね。

日本でもKUが開始されることで出版者にチャンスが巡ってくる可能性が?!

あるといいですけどね。同じロイヤリティなのかわかりませんが同じように読まれるページ数によって発生するならそれはメリットになるのは間違いないでしょう!

ただ、月額980円で読み放題というおいしいサービスを知ってしまった読み手の中には電子書籍を購入しなくなるユーザーも出てくるかもしれません。

それを考えるとなんともいえませんが、KUは今目が離せないサービスだといっても過言ではないのでしょう。

まとめ

こんなことを言っていますが僕は電子書籍を出版した経験がなくこれからしたいという出版者予備軍なんですw 現在進行形で入念に下調べはしていますけどね。

余裕をもってKindle本を出版したかったのですが、KUが上陸するのならその波にのったほうがいいのか?!どうなんでしょうね。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!