記事を書く時、ある事を意識するだけでアクセスアップする方法思いついた!

Think

皆さんはブログの記事を書く時ってどのようにして題材を決めていますか?

  1. 「自分が気になる事を書く」
  2. 「自分が好きな事を書く」
  3. 「自分の体験を書く」
  4. 「とにかく情報収集して書く」
  5. 「自分が詳しい分野の記事を書く」
  6. 「ブログのコンセプトに合った記事を書く」

とこれは人により様々だと思います。この時に”記事にする題材”の事を書いているサイトやブログを複数調べて参考にする時ってありませんか?

これはブログに限らずSNSで情報収集する時だってあるかもしれません。考えられる主な情報収集先はこんな感じでしょうか。

  1. ブログ
  2. サイト
  3. SNS
  4. 雑誌

SPONSORED LINK

photo by John Goode

ブログのネタを考える時に意識する事とは

そこで僕は考えました。ブログを書く時の主な情報収集先としてある「ブログ」、そして「SNS」に注目してみました!

「ブロガーがブログを書くためにネット上を調べた時に、自分の書いた記事がヒットするような題材を書く」

という事です。ブログを書く時に調べる時ってありますよね?その時にヒットするようなネタを記事として書く。これを意識するだけでだいぶ違う気がします。

ブロガー = ネットユーザーでもある

cattle-pc

僕はこう考えます。ブロガーであるからこそネットユーザーでもあるのです!ブログ運営を始めたら他のユーザーが書いたブログを見る機会が増えるんですね。

これは全ての人が当てはまるのかはわかりませんが、少なくとも僕はそうです。そしてそういう人は結構多いと思っています。また、ネット上では中小企業もユーザーになりうるってパターンもあるかもしれません。

そして、最近の「フリーランス」とか「ブログ飯」とか「プロブロガー」という言葉の影響でブログを始めるユーザーが増えたような気がします。「ノマド」というのもありましたね。

僕はかなりアクティブなネットユーザーの部類に入りますが、今年に入りブログユーザー数が一段と増えたような。特にはてなブログやWordPreeを新規で始めているユーザーが割と多い印象です。

2016年のスマホの利用者数が5000万人と、年々増えているようなのでこれはブログに限らずゲーム、アプリ、ECサイトとか他のジャンルでも言える事かもしれません。

「新規参入のブログユーザーが増えている。ライバルが増えるんじゃない?」

いいじゃないですか。むしろ大歓迎です!

「ブロガー = ネットユーザーでもある」という考え方だと、ブログを運営するユーザーが増えればネット全体に占めるネットユーザー数も増えるという事です!

おそらくそうなるはずです!たぶん。

まとめ

僕は元々あまりブログを見る方ではなかったですが、こうしてブログを運営する事になってブログを見る機会が数倍、もしくは数十倍に増えました!僕の場合はそうです。

ブログのネタ探しに困ったら、「ブロガーがブログを書くためにネット上を調べた時に、自分の書いた記事がヒットするような題材を書く」事をたまには意識して書くといいかもしれませんね。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!