【Kindle出版】KDP (Kindleダイレクト・パブリッシング) アカウント登録方法

kdp2-min
photo by Sergey Galyonkin

こんにちは、齊藤誠 (TwitterLogo-min@makotosaito_jp) です。今回もKindle出版について紹介していきたいと思います。

前回は「コンテンツ(文章/表紙画像)作成から「税に関する情報」登録までの手順」までを紹介しました。Kindleではロイヤリティ発生月の末日から60日後に支払われます。
支払い日までにこの税に関する情報を登録しておかないとロイヤリティから30%の源泉徴収を米国に支払う義務が発生してしまいますのでできれば事前に登録を済ませておくことをおすすめします。

SPONSORED LINK

「アカウント」ロイヤリティの支払い

KDP (Kindleダイレクト・パブリッシング) にアクセス、Amazonアカウントへログインします。ログインしたら上メニューの「ユーザー名さんのアカウント」をクリックします。

するとKDPにおける自分のアカウントの設定画面になります。この画面で税に関する情報を登録しましたが、今回はこの下。「ロイヤリティの支払い」の「銀行口座を登録する」を選択します。

kdp22-min

ここはほとんどの方が日本なのでそのままで「OK」を選択。

kdp23-min

銀行口座の情報を入力します。「口座名義」は半角カタカナなので注意です。

kdp24-min

Amazonサイト

すると銀行口座登録前はロイヤリティの支払い方法が「小切手」だったのが「電子資金振込」にかわっています。ネットバンク経由で支払いますよということです。

kdp25-min

【小切手って何?】

最近では小切手よりもネットバンクの方が馴染みがあると思いますので小切手を知らないという方もいることかと思います。かくいう僕もそのうちの一人で聞いたことはありますが見たことはありません。

当座預金口座があれば銀行の窓口で現金化することができます。

kdp26-min
出典:otasuke.ne.jp

小切手=現金と思ってもらえばそれであってると思います。今ではネットバンクやペイパル、仮想通貨といったネット決済の方が手軽に素早くできるので今では使われる機会が減っているともいわれています。

様々な国が「電子資金振込」に対応しているようですが、ブラジルとメキシコだけが対応していないようです。そもそも日本からブラジルとメキシコのKindleストアに向けて出版するという人はあまりいないかもしれませんけどね。

でも読み放題のKindle Unlimitedが対応している国であれば翻訳ツールで翻訳して無料で公開してみるってのも面白い試みなのかもしれません。翻訳精度の問題があるので売れるか売れないかはわかりませんが..。

最後に一番下の「保存」を押します。ここで「保存」しておかないとせっかく登録した銀行口座の情報が更新されないこととなってしまいます。

まとめ

これでKDPのアカウント登録は完了です。次はいよいよ作った電子書籍を登録していきたいと思います。

SPONSORED LINK

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!