「Windows10」Javaコントロールパネル開き方・設定

javacontrolpanel-min
photo by Tnarik Innael

今回はWindowsを使った「Javaコントロールパネル」の開き方を紹介したいと思います。使用バージョンはWindows10です。

SPONSORED LINK

「Javaコントロールパネル」開き方

左下スタートボタン横の検索枠に「Java」と入力します。

javacontrolpanel2

すると「Javaの構成」と表示されるのでそちらをクリックすると

javacontrolpanel3-min

「Javaコントロールパネル」が立ち上がります。
javacontrolpanel4-min

以上です。

設定してみる

これだけだとなんだか簡単過ぎるのでコントロールパネルをいじってみることにしましょう。細かい設定はよくわからないので大まかな設定のみをみていきましょう。
バージョンを確認したい場合は「一般」から「バージョン情報」をクリックします。
javacontrolpanel5-min

Javaのアップデートを自動的にチェックするには「更新」→「更新を自動的にチェック」を有効にしておく必要があります。しかしデフォルトでここは有効になっているので特にいじる必要はないでしょう。

javacontrolpanel6-min

次に「セキュリティ」→「ブラウザでJavaコンテンツを有効にする」からチェックを外しておきます。
javacontrolpanel7-min

Chromeでは2015年にJavaを動かすためのNPAPIが廃止となったようです。Chromeユーザーにとってはそうした背景もありますし、ブラウザで使用するためにJavaを入れているという事情でなければセキュリティ面も考えてブラウザ上のJavaは無効にしておいた方がいいかもしれません。

設定変更後「適用」をクリックします。このようなポップアップが表示されれば設定が変更されたということになります。

ブラウザを再起動したらブラウザのJava無効設定は完了です。
javacontrolpanel8-min

他にもっと細かい設定をしたいのなら「詳細」から設定することができるようです。

javacontrolpanel9-min

SPONSORED LINK

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!