ヘッドセット「KINGTOP K11」を購入!こんな感じのヘッドセットです

headset-min

こんにちは、齊藤誠 (TwitterLogo-min@makotosaito_jp) です。ヘッドセットを購入したので今回紹介したいと思います。

今回購入したのはKINGTOPのゲーミングヘッドセット、K11です。

SPONSORED LINK

なぜこちらのヘッドセットを購入したのかというとAmazonのベストセラー1位だったからです。一言にヘッドセットといっても種類が多かったので何がいいのかわからず口コミを参考にしようと見ていましたが、見れば見るほどわからなくなりベストセラー1位なら大丈夫かなという気持ちで購入しました。

headset2-min

今なら15800円が79%オフで3380円のようです。これっていつも79%オフじゃないのかと思われる方もいるかと思いますが、ネット上で15800円の定価で購入したという方も見かけました。

中国製というのだけ気にはなっていましたが、とにかく何かしらのヘッドセットが欲しかったので僕の手は迷わず購入ボタンを押していました。

商品到着

そして届いたのがこちらです。いやー、最近のAmazonは到着までが早いですね。年々早くなっているような気がします。

headset2b-min
届いた時点で箱に年季が入っているような気がしましたが、まあ許容範囲でしょう。箱の裏面を見てみましょうか。

ヘッドセットについて詳しくないのでよくわかりませんがいたって標準のヘッドセットということでしょうか。「マイク敏感度」となっていたりところどころ日本語がおかしい気がしますが日本製ではないのでそれもしょうがないのでしょう。

headset3-min

中身を全て開けるとこんな感じ。
headset4-min

USB型ではないのでパソコンにつなげる時は、このようにUSB オーディオ変換アダプタを使うといいでしょう。
headset5-min

ここで再生音量を調節することができます。マイク録音を使う場合はマイクをONにしておく必要があります。
headset6-min

この再生音量が思っていたより小さく、最大に近い数値にしないと聞こえにくいかもしれません。

ちなみに録音音量を調整するボタンではありません。録音音量はWindowsのサウンド設置、または録音に使用するソフトから行います。

ヘッドフォン本体はこのような形になります。マイク部分の可動領域は自由な位置に設定することができます。
headset7-min

はい、今回はヘッドセットのK11を購入したので紹介してみました。気になったのがヘッドフォンの音量ですかね。再生音量の設定を最大値にすることで解決できますが、ちょっと小さいです。

録音音声についてはしっかり思い通りに録音することができました。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!