SEOにも関係してくる見出しタグ(h1・h2・h3など)の正しい使い方

df7a9af1c91d3463e39334d1015a9742_s

見出しタグの使い方について正しい使い方を今回は学びます。

見出しタグの使い方は検索エンジンの評価にもつながってくるので気付くのが遅ければ遅いほど大変な事になります。

ちなみに数百記事を書いてから見出しタグの正しい使い方に気付いたという例もあるようです。

SPONSORED LINK

見出しタグとは?!

h1・h2・h3・h4・h5・h6の6段階で構成されているタグの事です。

使い方としては <h2>見出し</h2>というような使い方になる。

数字が小さい程文字が大きくなりますが重要度も高くなります。
訪問したユーザーとGoogleなどの検索エンジンの両方に記事のコンテンツを正しく伝えるためにあります。
ブログを見ているのはユーザーだけじゃないという事です。
まず訪問したユーザーには記事の内容を見やすくし見出しタグを使う事によって快適にブログを閲覧できるようになる。

最近ではスマホで閲覧するユーザーが多いためスクロールを多用します。そのため見出しがあると目に付きやすくわかりやすいのです。

そして検索エンジンからは見出しタグを使う事によってより正確にコンテンツ内容を伝えれるようになるためにSEOの面で有利になります。

「h1 記事のタイトル」を決めている時は皆さんSEOの面でなるべく検索に引っ掛かりやすい・引っかかって欲しい重要なキーワードを使うと思います。

続いて記事中に「h2 中見出し」を使うとしましょう。
この「h2 中見出し」の方はタイトルの次に検索エンジンに引っかかって欲しいワードやタイトルの次に重要なキーワードを使うというイメージだとわかりやすいかもしれません。
もっと省略して言うならば記事タイトルですね。h1に続きこのh2は2番目に重要なタグなのであまり多く使い過ぎは×です。
「h3 小見出し」は必要に応じて使うといった感じでしょうか。SEOの面というよりは記事をまとめるために見易さを意識して使う事をイメージする方がいいかもしれません。

「h4 ~ h6」はあまり使う機会がないと思います。

まずこの見出しタグを使う上でいくつかルールがあるので最初に覚えておきましょう。

見出しタグを使う上でのルール

  • h1タグは1記事に1つまで
  • h1~h6まで順序良く使う
  • 見出しタグを乱用し過ぎない

h1はタイトルで使われているし1ページで一つだけなのでh2やh3を使う場面がブログでは多いと思われます。

順番に使うとはh1→h3と飛ばして使わずにh1→h2→h3と順序良く使いましょうという事です。
順番を飛ばして使うと検索エンジンからの見た目もそうですが訪問ユーザーからは記事が見ずらくなるというデメリットがあります。

見出しタグを使用する時のポイント

  • h2~h6までは使用回数に制限はない
  • 見出しタグは装飾するためのタグではない
  • キーワードを沢山盛り込み過ぎないようにする

h2~h6はh1と違い使用回数に制限はありません。が適度に使う位がいいでしょう。

WordPressでは記事タイトルがh1に自動的になるようなので記事中の見出しタグは基本h2を使い、h2の中に見出しを作りたい時はh3というような使い方をすればいいと思います。

ちなみに無料ブログに限ってですがh2を飛ばしてh3に飛んでしまう構造のブログもあるようなのでその辺対策が必要になってくるかもしれませんね。

という事で正確な見出しタグを覚える事はブログを書く上で早かれ遅かれとても大事なことなので覚えておきたいスキルといえるでしょう。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!