【半額ハンター】買い物のコツ!食費を抑える節約術

スーパーのお惣菜売り場 半額シール

スーパーのお惣菜売り場などで半額シールが貼られているのを見たことありませんか?

近所のスーパーでは毎晩決まった時間、お惣菜売り場で半額シールが貼られています。定価で売られている物が半額で買えるので、それを目当てに来客する客も多いはずです。実際に半額シールが貼られる時間にスーパーに行くと店員が半額シールを張る様子を待ってましたとばかりに人だかりができています。

見てみると独身男性が多い印象ですが主婦と思われる客も見受けられます。このように半額シールが貼られる時間を見計らって来客する客を半額ハンターと呼ぶのだとか。

SPONSORED LINK

目次

  1. 半額ハンター/Half price Hunter
  2. 食費を抑える節約術
  3. まとめ

スーパーはコンビニに比べると食材の価格が断然安いですが、お惣菜に関してはお世辞にも安いとはいえない価格設定の商品もあります。確かに自分で料理を作る人からしたら食材だけで一から作るのと比べると多少割高です。

仕事で料理を作る暇がなかったり時間短縮を目論む主婦や一人暮らしの人にとってはありがたいお惣菜ですが、定価で購入するのは気が引けるという人にはなくてはならない存在それが半額シールです。

一度半額商品に染まってしまったら決まった時間に行けば半額で購入できるお惣菜やお弁当を定価で購入するのがバカらしくなる人もいるのでしょう。商品が傷んでいるわけでなく賞味期限が過ぎているわけではないのですから。そういう人達を半額ハンターと言うそうです。

半額ハンター/Half price Hunter

スーパー 店内

実際に半額ハンターという人達が存在するのでしょうか。SNSを見てみましょう。

このように半額ハンターと呼ばれる人達は実際に存在するようです。しかも思っていたよりも多いという印象です。

食費を抑える節約術

確かに近所のスーパーでは決まった人が半額コーナーにいるという気がしますし、定価であれば総額2000円の買い物が単純計算で1000円になるのであればこんなにお得な節約術を利用する手はないと言えます。

買いすぎに注意

ただし安いからといって必要以上に買い漁るのは禁物です。

見切り品だったり半額シールが貼られている商品は賞味期限の期限が近付いている物もあります。安いからといって食べる以上の量を購入して結局食べられず破棄をしてしまったのでは逆に損することになってしまいます。

自分や家族が食べる分だけを半額商品で購入するのならかなりお得な節約術と言えるでしょう。

まとめ

ただし、店員が半額シールを貼る前に商品を確保する人がお店によっては問題視されているようでネット上で話題になっているようです。店員が半額シールを貼りだしたら、店員にお願いし事前に確保しておいた商品に半額シールを貼ってもらうというもの。


半額ハンターとしての最低限のルールといったところでしょうか。周りを考えルールを守った買い物を心掛けたいものです。


SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでMechalogをフォローしよう!



トップへ戻る