Amazonギフト券を安く購入できるamaten(アマテン)とは?

amazon

皆さんAmazonを利用する事はありますか?
私は、現在車を持っていないので通販サイトをよく利用します。

余談ですが、東京などの都会では車を持っていない事は珍しくもないですが、田舎に住んでいるので私みたいに車を持っていないのは珍しいらしいです。ちなみにうっかり失効なので今年あたり一発試験で取れたらいいな…と思ってます。

話がそれましたが、Amazonを利用する機会がわりと多い方はお勧めの購入方法があります。私も利用している方法ですが購入金額より5%~最大10%割引で購入するちょっとした裏技的な方法です。

photo by Jurgen Appelo

SPONSORED LINK

▼この記事の目次

amaten(アマテン)

Amazonギフト券を額面よりも安く買えるサイトです。このアマテンがAmazonギフト券を買いたい側と売りたい側との仲介役になり、買う側・売る側双方が安全に取引できるようにするサービスになります。

Amazonギフト券だけではなく、iTunes、Google Playも安く購入する事ができます。

amaten(アマテン)の安全の仕組み

オークションのヤフオクで安く購入することもできますが、小心者の私は怖くて手がだせません。なぜかというと、ヤフオクは金券の補償は対象外だからです。こういうギフト券には偽物もあるという話なので、私のように節約初心者の方は慎重に取引した方がいいでしょう。
アマテンだと安全に取引ができるのです。どういう仕組みなのかというと、取引きにかかわるもの全てをアマテンが仲介してくれるので、購入者はまずお金をアマテンへチャージします。このチャージをする事によって売る側にとって、購入者がギフト券を持ち逃げする事はできなくなります。

そして、チャージから購入分のAmazonギフト券を購入するとしましょう。もし、ギフト券に問題がありAmazonに登録できなかった場合は、30分以内にアマテンへ報告をすると返金される仕組みです。これは補償のようなものですね。

このような仕組みがあるので安全に取引ができるのです。

振込み料・手数料

せっかく安く買えても、振込み料や手数料がかかってはお得感が減りますよね。出品者については3.5%の手数料がかかってきますが、購入者の方はどうでしょうか。

    購入者の手数料一覧

  • 「チャージ残金の出金手数料」…0円(10万円未満の出金、それにゆうちょ銀行・楽天銀行・ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行以外への出金は299円)
  • 「チャージ手数料(無料)」…チャージのための振込み手数料が無料なのが三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行(ゆうちょ銀行ATMから)・楽天銀行・住信SBIネット銀行・じぶん銀行(プレミアムバンク for au)

amaten(アマテン)へ登録しよう

まずアマテンへアクセスして下さい。
amaten(アマテン)
amaten1
amaten


右上の赤色の□をクリックして「新規登録」で必要な記入事項を記入していき、利用規約にチェックをし「入力内容の確認へ」をクリックします。

amaten2

amaten(アマテン)にチャージをしよう

登録がすんだらアマテンにチャージをしましょう。アマテンにログインして下さい。

右上の赤色の□を押すとメニューがずらっと出てくるので、「会員メニュー」を押します。すると、さらにプルダウンされるので「チャージ」を選択します。

amaten3

振込み先の銀行がいくつかあるのでお好みの銀行を選択し「名前」と「チャージ金額」を入力し「確認」→「チャージ以来する」を選択します。
amaten4

アマテン内でこのチャージの作業が終わったらアマテン内での振込みは出来ないので、自分の利用しているネットバンクかATMへ行き入力したチャージ額を振込みます。

チャージの反映されるタイミングについて

チャージしてからアマテンに反映されるタイミングをまとめてみました。

  • 「三菱東京UFJ銀行」…平日19時まで反映 / 平日のみ
  • 「ゆうちょ銀行」…21時まで反映 / 平日・土日・祝日でも反映
  • 「楽天銀行」…21時まで反映 / 平日・土日・祝日でも反映
  • 「ジャパンネット銀行」…21時まで反映 / 平日・土日・祝日でも反映
  • 「住信SBIネット銀行」…21時まで反映 / 平日・土日・祝日でも反映

amaten(アマテン)でAmazonギフト券を買おう

チャージが済んだら、Amazonギフト券を買ってみましょう。アマテンのトップページから、ギフト券の一覧を見ることが出来ます。

気に入ったギフト券があれば「Amazonギフト券を買う」を選択し購入します。

amaten5
・「額面」…Amazonギフト券の額面額

・「販売価格」…アマテンで買うAmazonギフト券の価格

・「率」…何%の割引率なのか / 実際にいくら割引なのか

・「エラー/出品数」…多分過去にこの出品者から購入した人がエラーを出した回数です。出品者の仕入れ先の関係かもしれませんがあまりにもエラーが多すぎるのは注意した方がいいかもしれません。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!