Google+アカウント・Google+ページの作成方法

Google+

Google+をご存じでしょうか?

ぐぐたすでお馴染みのSNSです。今回はGoogle+アカウントやGoogle+ページの作成方法を紹介したいと思います。

photo by Yuri Samoilov

SPONSORED LINK

▼この記事の目次

Google+とは

2011年6月にGoogleがGoogle+プロジェクトとして発表・リリースしたSNSです。

実世界における共有をSNS上に組み込みGoogleが提供する全てのサービスを今よりもっと良くすることがその目指すところです。

SNSで有名なのはTwitterとFacebookがありますが、Google+はこれら2大SNSの勢いに対抗するために作られたサービスといわれています。TwitterやFacebookよりも後発のSNSなので両者の良い所を取り入れているというのがその特徴です。

他のSNSでは「友達」という一つの輪の中で情報をシェアするという印象ですが、Google+では「友達」「家族」「職場」「趣味仲間」などとそれぞれ別々に分けられて情報をそれぞれシェアできるというといった使い方ができます。

もちろんフォローの機能もあります。

実名登録が廃止に

Google+ではリリース当初は実名登録が求められていましたが、SNS上の実名登録に不安の声が広がりついに2014年7月16日に実名登録ポリシーが変更されました。

これによりGoogle+上で匿名のニックネームが利用可能となり、ユーザーはより柔軟に利用することができるようになりました。

Google+ = ぐぐたすって何?

2011年12月、人気アイドルグループAKB48がGoogle+で「AKB48 on Google+」を開始しました。それから日本国内でGoogle+の利用者が増えたといわれています。

ぐぐたすという呼び方は、Google+を利用するAKBファンやアイドルファンの間が使われはじめたといわれています。「Google=ぐぐる」+「+=たす」ということからぐぐたすです。

今では多くのアイドルグループや芸能人、スポーツ選手までもGoogle+で情報を発信しているといいます。

Google+とSEOの関係

Google+で投稿できる内容の方は記事、画像、動画、リンクなどです。投稿する時はどこまで公開してシェアするのか設定できます。

今、Google+をSEO対策として取り組みはじめている個人や企業のサイトが増えてきているといわれています。Google+とブログ・サイトを紐づけすると検索順位に影響してくる?という噂がるからでしょう。

その辺は具体的にどうなのでしょうか。Google+を利用する上で得られるSEOのメリットをまとめてみました。

  • 【フォローしてくれているユーザーがGoogleで検索したワードに自分の投稿内のワードが入っていると上位表示される】
    これはGoogle+に投稿された記事でユーザーがGoogle+アカウントにログインしている必要がありますが、ユーザーがGoogle検索をした際のワードが投稿記事内に入っていれば、ユーザーの検索結果に表示されるというものです。
    これにより記事が見られる可能性が高くなります。
  • 【Google+のフォロワー数が多ければ多い程良い】
    前述した通りフォロワーに対して検索結果に出る機会が多くなるため、フォロワー数が多ければ多い程ブログの集客につながる要因となります。

Googleが提供しているSNSなので将来的に見て今からコツコツとGoogleアカウントを育てていったほうが後で有利な状況になる可能性が高いといえます。

また、今後Google+の機能やポリシーがさらに使いやすくなるために変更される可能性もゼロではないといえるでしょう。

Google+に登録する

Google+アカウントだけだと本名が出てしまうので、運営ブログ名やニックネームを利用したい場合はGoogle+ページを作成しましょう。

Google+ページはFacebookでいうFacebookページのようなビジネス向けのアカウントのことです。まずはGoogle+アカウント作成。続いてGoogle+ページの作成という流れになります。

Google+アカウントの作成

それではアカウントを作成してみましょう。まずはGoogle+(http://www.google.com/intl/ja/+/learnmore/)にアクセスします。

Googleアカウントを持っている場合は「ログイン」を選択、Googleアカウントを持っていない場合「Google+をはじめる」を選択します。

Google+ ログイン

この画面になりますので、入力欄に記入していきます。Google+アカウントの方はGoogle+ページとは別になりますのでこちらの記入は本名でかまいません。

公開プロフィールを作成してGoogle+に参加

画面が切り替わると「ユーザーを追加」の画面になるので追加したいユーザーがいれば追加しましょう。これは無理に追加しなくてもかまいません。

とりあえずこれでGoogle+アカウントは作成できました。

運営サイト用のGoogleページを作成

続いてGoogleページを作成していきましょう。
左メニューをプルダウンして、「ページ」を選択します。

Google+ ページを選択

続いて「ページを作成」を選択します。

Google+ ページを作成

ビジネスの種類を選択します。サイトの場合、はっきり当てはまるカテゴリはないですが「ブランド」にするといいでしょう。

Google+ ビジネスの種類を選択

「ページ名」「ウェブサイト」「ページの種類」に記入、利用規約に同意したら「ページを作成」を選択します。

Google+ページを作成しましょう

これでGoogle+ページの作成が完了しました。

最初に「Googleマイビジネスへようこそ」とポップアップ表示されますが、これは実店舗向けのサービスなのでここは関連情報を受け取るというチェックを外し「ガイドをスキップ」を選択します。

あとはプロフィール・プロフィール画像などを自分の好みやブログに近いイメージにカスタマイズしましょう。

サイト投稿とGoogle+への投稿を連携

サイトへの記事投稿をしたときに、Google+への投稿も同時にできるように連携させたいと思います。

WordPressテーマ「Jetpack」のパブリサイズ共有機能を利用して連携させるので、そちらを紹介しましょう。

関連記事 : ブログでTwitterとFacebookと連携して自動投稿する方法

Jetpackのパブリサイズ機能を使う

JetpackをすでにWordPressにインストールされている場合は、管理画面のJetpackページからパブリサイズの「設定」を選択します。

Jetpackをインストールしていない場合は、「プラグイン」→「新規追加」→「Jetpack」と検索すると「Jetpack by WordPress.com」が出てくるので「いますぐインストール」→「プラグインを有効化」を選択。

プラグイン有効化後、「WordPress.comと連携」→「Jetpackの認証」で導入できます。

導入後、この画面になるのでパブリサイズ内の「設定」を選択します。

Jetpack パブリサイズ

続いてGoogle+アカウント名とGoogleページ名が表示されるのでGoogleページ名(運営サイト名・ニックネーム)を選択して「連携」させます。

Google+ 連携
このとき、間違えてGoogle+アカウント名(本名)にしないように気を付けましょう。

次の画面では3つ項目がありますが真ん中の「あなたのサークル」となっている所を削除して「一般公開」に変更して下さい。
すると「ウェブ上のすべてのユーザー」表示に切り替わるので「承認する」を選択します。
WordPresesが次の許可をリクエストしています

「このブログの他のユーザーもこの連携を利用できるようにしますか?」というポップアップが表示されますが、スルーして「OK」を選択します。

最後に「連携アカウント:(運営サイト名・ニックネーム)」となっていればGoogle+とWordPressの投稿の連携は完了です。

Google+ 連携アカウント

まとめ

Google+の登録方法とWordPressとの連携方法を紹介しました。Google+は他のSNSに比べ比較的新しいサービスですが、もうすでに活用している運営者もいるかもしれません。

まだ活用していないという方は是非活用してみてください。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでMechalogをフォローしよう!



トップへ戻る