「デジタル」 水墨画風で龍を描いてみた!水墨画・墨絵・大和絵・唐絵の違い

前回の「「アナログ」龍を描いてみた!龍・竜・ドラゴン違い/龍の特徴」に引き続き今回は龍の絵を描いていきたいと思います。前回はアナログで下書きを描いたので今回からいよいよそれに色を塗っていきます。

まず龍の色について色々と調べてみました。



「黄龍」「青龍」「赤龍」「白龍」「黒龍」と5種類あるとの事ですがあまり聞かないような気がします。この五種類ある龍の色は五行思想に基づいているそうですね。

【五行思想 / ごぎょうしそう】

古代中国より伝わる思想で、万物は木、火、土、金、水が元素となっているという考え方です。万物とは地球だけではなく宇宙まで含めて存在するありとあらゆる物の事。

この五行思想が→陰陽五行思想に発展し日本に伝わり→陰陽道 (いんようどう) として独自に発展を遂げたみたいです。なんかよくわかりませんが風水とかそのようなものでしょうか。

とりあえず日本では黄龍 (こうりゅう) はめでたい龍とされるようです。黒龍 (こくりゅう) は日本の神話に登場します。

Google画像検索で龍のイラストや浮世絵、水墨画を見てみると日本では緑色の龍と黒龍というか筆でモノクロに描かれた龍が多い気がします。という事で今回はデジタルで水墨画風の龍を描いてみる事にしました。”風”と付けたのは水墨画は下書きやアタリを付けずに直接描くのが一般的のようですね。

SPONSORED LINK

▼この記事の目次

  1. 水墨画 / すいぼくが
  2. 筆ペンで龍を描く
  3. この記事のまとめ

水墨画 / すいぼくが

Ink painting

下書きの時点では色についてあまり考えていなかったのですが色々調べていくうちに和風な感じに挑戦してみたかったので、水墨画風にしてみる事にしました。

水墨画は中国では唐時代に誕生し、日本には鎌倉時代に漢絵などの山水画が禅とともに中国から伝わりました。

photo by tsoilanc1

【唐絵 / からえ】

唐絵 (漢絵) は中国絵画の総称。また日本人によって描かれた中国風の絵、中国に関する対象物を題材にした絵も唐絵と呼ぶ。

「国風文化」大和絵 (やまとえ)

genji
photo by Art Gallery ErgsArt – by ErgSap

大和絵という習慣日本絵画がありますが、水墨画とは違います。
歴史上に遣唐使という言葉がありますね。630年遣唐使が開始された7世紀には唐の影響はアジア、日本にまで広がっていました。

しかし9世紀に遣唐使が廃止されると、日本独自の文化が次第に発展していきます。このような文化の変化が平安時代には国風文化となり「仮名」「源氏物語」「枕草子」と様々な日本独自の文化が発展しました。

大和絵、または倭絵は国風文化によって生まれたものです。「源氏物語絵巻」は大和絵の技法によって描かれました。

というと水墨画は大和絵の対義語で「大和絵=日本の絵」、「水墨画=中国の絵」となりそうですが、前述した通り中国絵は唐絵/漢絵といった洋画、邦画のようなカテゴリ分けをしているようです。

また現在の日本の水墨画と中国の水墨画では定義が違うらしいです。このような定義は時代によって違うという事もあるとの事。

水墨画と墨絵の違い

ざっくりですが水墨画、大和絵、唐絵というジャンルの違いわかった所で水墨画と墨絵についてです。

これについては定義は人それぞれという感じがします。一般的には水墨画・墨絵ともに墨で描き、水墨画は黒一色、墨絵は黒以外の色を使い、水墨画は水を使いにじませたりぼかしたりするといった感じでしょうか。

水墨画でも黒以外の色を使う作品もあるようですし、これだ!
といったはっきりとした線引きはないかと思われます。

水墨画の技法

水墨画は基本黒一色 (墨) と水だけで描かれます。筆先の太さを強弱をつけたり、変えたりして線を表現し、色の濃さ・薄さは水を使ったりしてぼかしたりにじませたりして対象物を表現します。

本来は墨を使いますが、このような描き方をデジタルツールで表現してみましょうというのが今回の記事の目的です。

筆ペンで龍を描く

それでは水墨画風の絵を描いてみる事にします。風としたのは一般的に水墨画は下書きなしで描くもの、で実際は墨を使うのをデジタルで表現するのでそう表記しました。

ソフトはGIMP、とペンタブを使います。色は黒一色筆ペンは「動的特性」の設定を変更します。

  • 黒一色
  • 筆ペン
  • 「動的特性」

dragon2

Basic Dynamics

Fade Tapering

Velocity Taperin

Pen Generic

さて水墨画風に描くといってもどこから手をつけていいのかわからないのでまず外側から描いてみます。

▼とりあえずこんな感じで外側のレイヤーは(仮)ですが完成しました。
dragon

筆ペンには動的特定の「Velocity Taperin」を使いにじみ、ぼかしを使っています。

デジタルで鱗を描く

次は鱗に取り掛かります。

time

ここが今回一番大変というか面倒でした。途中挫折しそうになりながらもとりあえず出来ました。

dragon

この記事のまとめ

といってもまだ完成ではありません。まだ細かい手直しと落款を入れるという工程が残っています。

落款とは水墨画、書物などに押してある和風な印鑑の事です。「落款=作品の完成」を意味します。次はデジタルツールを使ってこの落款作りをしてみたいと思います。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!