「Chromeウェブアプリ・Vysor」 Android操作画面をパソコンに表示させる方法!

android

何やら面白そうなアプリを発見しました。Chromeアプリの「Vysor」です。

SPONSORED LINK

photo by MIKI Yoshihito

▼この記事の目次

  1. Chromeウェブアプリ「Vysor」
  2. 「Android操作」USBデバッグモード
  3. 「パソコン操作」Vysorインストール方法
  4. 「Vysor」がAndroid端末を読み込まない
  5. 「Android操作」Androidを読み込んだ?!
  6. この記事のまとめ

Chromeウェブアプリ「Vysor」


Vysor – Koushik Dutta | YouTube

「Vysor」はChromeウェブアプリでChromeウェブストアで入手する事ができます。何ができるアプリなのかというと、AndroidとパソコンをUSBで接続してスマホ端末の操作画面の動作をパソコン上で表示させるというものです。

また、パソコンのデスクトップ上からの操作でAndroidを操作する事もできるという機能が備わっています。

「Android操作」USBデバッグモード

USBデバッグモードを有効にする

まずはAndroidの操作です。「開発者向けオプション」から「USBデバッグ」を有効にします。

【開発者向けオプション】

Androidアプリ開発者向けのオプション項目。Android4.0/4.1 では設定項目として存在したがそれ以降のAndroid OSバージョンでは非表示となり、ある一定の操作をする事で開発者向けオプションが表示されるようになった。

Android4.2からデフォルトでは「開発者向けオプション」が表示されないのですが、ある操作をする事で表示されます。

『「ビルド番号」を7回連続でタップする』

▼「設定」→「一般」→「端末情報」→「ビルド番号」です。これで「開発者向けオプション」が表示されました!
vysor11

表示された「開発者向けオプション」をタップ →「開発の設定を許可しますか?」→「OK」とします。

▼「USBデバッグ」にタップしてチェックを入れる。

vysor12

これでUSBデバッグモードは有効になりました!

「パソコン操作」Vysorインストール方法

Chromeウェブストアで「Vysor」を検索・インストールします。

vysor

追加されたようです。

vysor
みてみましょう。USBでAndroid端末と接続しても開始されないですね。
vysor2

「ADB Drivers」をインストールする

見ると「ADB Drivers」なるものが必要みたいです。

【ADB】

ADB = Android Debug Bridge。Android端末とパソコンの間でデータをやり取りするための開発ツール

使用しているWindowsのバージョンによってそれぞれを選択します。

  • 「WindowsXP~8.1ユーザー」… ADB Drivers
  • 「Windows10ユーザー」… Universal ADB Drivers

筆者の環境ではWindows10なので「Universal ADB Drivers」です。選択するとブラウザ画面に切り替わるのでその画面から「here」を選択・ダウンロードします。

vysor3

ダウンロードしたら起動→「Next」を選択。

vysor4

上はインストール先です。下は自分だけで使用するのか誰もが使用できるのかという設定です。とりあえず「Just me」 (私だけ) にしておきました。
vysor5

▼「Next」を選択するとインストールされます!

vysor6

「Vysor」がAndroid端末を読み込まない

ここまで紹介してきてなんだかアレですが、VysorがAndroid端末を読み込みません!

▼「No devices found」という文字のままうんともすんとも言わないというこの状況・・
vysor7

「どこか間違えているのか」

マイクロソフトのUSB接続サポートみたいなのはUSBを差し込む度に接続されるという状況です。

vysor8

Windowsのデバイスマネージャーから確認しても問題ないようですし・・。色々試したけれど、表示されるのは「No devices found」の文字です。WEB GLというのも有効になっているようですし。

諦めようと思っていましたが、一度ADBをアンインストールしてもう一度インストールしてみる事に。

原因として考えられるのはADBのインストール画面で「Just me」にしたという所だけなんですよね。今度は「Everyone」(誰もが) にしてインストールしてみます。

「Android操作」Androidを読み込んだ?!

Android端末を読み込んだみたいです。とりあえず「OK」を選択。
vysor9

▼PTPを選択
vysor10

無事動作しました!想像していたより動作が遅かったですがちゃんと動いたので感動です!

vysor2
パソコンからの操作でもスマホを操作する事ができます。

この記事のまとめ

うんともすんとも言わず途中諦めようかと思いましたが・・ 最終的に動作できたので結果良ければ全て良しです!

Vysorを使用後、特にこの機能を使う事がなければUSBデバッグモードをOFFに戻しておいた方がいいかもしれません。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!