「Chrome最先端の開発版 」Chrome Canary (カナリア) を使ってみた

chrome-canary-min

Chrome Betaというブラウザについて調べていたらChrome Canaryなるブラウザがあることを知りました。

眩しいほどの金色ロゴが印象的なChromeブラウザです。どんなものかと試しに使ってみることにしました。

SPONSORED LINK

Chrome Canary / グーグル クローム カナリア

Chromeには4つの種類がある

実はChromeには4つの種類があるのです。ChromiumといったChromeから派生したブラウザはいくつかありますが、正式なChromeは以下の4種類のようです。

通常のChrome以外は全て開発版となります。

  • Google Chrome
  • Google Chrome Beta (通常版+1バージョン)
  • Google Chrome Dev (通常版+2バージョン)
  • Google Chrome Canary (通常版+2バージョン)

BetaとDevは通常のChromeと同じロゴ (青、赤、黄、緑の組み合わせ) で同じアプリとして上書きしてインストールされます。それに対しCanaryは、以下のように通常のChromeと別のアプリとしてインストールされるのです。

chrome-canary2-min

この鮮やかな色目は鳥のカナリアが元になっているようです。通常版+2バージョンなので最新のChrome技術を一足先に利用することができます。

Androidアプリでは

スマホで確認してみましょう。Androidで確認したところBetaとDevはあるようですがCanaryはありません。

スマホアプリ版のChromeは3種類あるということになります。

chrome-canary3-min

また、スマホアプリでは通常Chrome、Beta、Devとそれぞれ別のアプリとして認識されるようです。

Chrome Canaryの特徴

Canaryは開発版なので当然のことながら動作の保証はありません。その代わりChromeの最先端の開発版を一般ユーザーとして使うことができます。

通常のChromeとは別々のアプリとして利用できるので万が一の不具合が起きた場合、通常Chromeに切り替えれば問題ありません。毎日アップデートがあるのでしばらくしてから利用すると不具合が解消する可能性があります。

  • Bate・Dev版と通常Chromeは別々のアプリとして認識される
  • 毎日アップデートがある

Chrome Canaryをインストール

chrome-canary4-min

何はともあれCanaryをインストールしてみてどんなものなのか確認してみましょう。
通常のChromeと比べやや速くなったような気がしますが、それほど大きな違いはありません。

ブラウザが違うとキャッシュは別になるのでGoogleアカウントでChromeにログインする場合、また新たにGoogleアカウントでログインする必要があります。

まとめ

通常版に比べてブラウジングが速いのなら使ってみる価値はありそうです。しばらくはChrome Canaryを使ってみようと思います。
といっても開発者でもない限り普通に使う分には通常のChromeで充分な気もしますが、TwitterなどのWEBサービスで複数アカウント・ログインをする場合は使い分けるためのブラウザを持っていると何かと使えるので便利です。

関連記事 : 「ソフト不要」PC版Twitterで複数アカウントを管理する方法

SPONSORED LINK

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!