個人ブログがWEBライターに依頼するとしたらどんな方法がある?

ブロガー

『ブログでWEBライターを募集したらどうだろうか?』
とふと考えてみた。雇うとしたらがっつりではなく、アルバイト的な感じでいいかなとちょっと考えています。

どんなものなのかまとめてみました!

SPONSORED LINK

一人で更新し続けるには限界がある

これです。最近ようやくPVの手ごたえを感じてきてモチベーションは上がってきましたが、これから半年、1年、2年先もずっと一人で上げてくとなると限界があります。

さらに、今までは1日1記事のペースを保っていたのが最近では1日2、3記事のペースになりました。本当はもっと更新頻度をあげたいのですが、そうなると一人で更新するという事への限界を感じています。

週1のWEBライター

WEBライター業界の業務形態はよくわかりませんが、なんなら最初のうちは週1でもいいと思っています。週に1日1、2記事更新してもらうだけでも違うかもしれません。

現在僕は週1日休みを取っています!週に1日はブログを全く更新しないと決めている日です!その1日は電子書籍の制作に時間を使っています。週7日フルで更新し続けるよりあんがいこれが効率いいんです。

WEBライターの相場は?

WEBライターの相場ってどの位なんでしょうか?

僕がブログを始める前にクラウドソーシングってどんなものなのか調べた事あるのですが、クラウドソーシングで「WEBライターは稼げない」といった事を書いているブログをかなり見ました。それもあり単価は安いという印象です!

今現在30万PV、50万PVとアクセスがあるわけではないので、できるだけ抑えれるところは抑えたいといった感じが本音になります。

クラウドソーシングの相場を見る

Business
実際にクラウドソーシングで相場を見てみました! ..なるほど。

クライアント(依頼主)によって単価はまちまちのようです。1記事200円程~400円程が相場かといった感じです。それ以上の依頼もありますが条件が厳しかったり大手サイトなのかもしれません。

中でもいいなと思ったのが「1か月○○記事で○○○○円」保障といった形態の依頼です!
例えば僕がクラウドソーシングで1記事200円で依頼をするとして、「1か月○○記事で..」という依頼をするなら

photo by Thomas Angermann

  • 「1か月20記事で」… 4000円
  • 「1か月30記事で」… 6000円
  • 「1か月50記事で」… 10000円

とこのようにまとめてみたら思っていたより高くはないです!ちなみにクラウドソーシングで知名度があるランサーズではクライアント側は手数料が必要ないようです。

クラウドソーシングでは単発で依頼するよりもこのようにまとめてライター依頼をする方が依頼主もWEBライター側もお互いわかりやすくていいと思います。

具体的な段階ではない

今回は「ブログでWEBライターを雇うとしたらどうなんだろう?」という段階で探ってみただけなので、具体的な段階ではありません!どうなんだろうかと迷いながらこの記事を書いているだけです。

さあ、これから広げていこう。と思いはじめた段階というだけですしWEBライターをアルバイト的で雇ってみる。という以外にも「Twitter広告」がいいのか、それとも「Facebook広告」がいいのかという所で迷っていますし。

あとWEBライターを雇うとなると在宅でメールでデータを送ってもらうという形で成立しそうですが

  • 書いてもらう文字数を設定しておく
  • WEBライターとこっちの間の決まり事を作る
  • どんなカテゴリの記事を書いてもらうか
  • 確認・編集はこちらでするのかどうなのか
  • WEBライターを紹介するページにライター所有のSNSやサイトURLをつなげるのかつなげないのか

このように事前に決めておきたい事は結構あります。報酬のやり取りはクラウドソーシングが仲介するのでそういった所は安心といった感じでしょうか。

まとめ

まだ依頼すると決めていませんが、とりあえずランサーズに登録しておきました!

調べるとWEBライターをネット上で募集している所は結構あるようです。だいたいがオウンドメディアのようなサイトでしたが、WEBライターを募集している個人ブログも中探せばあるかもしれませんね。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!