ブログで画像使用する時に是非知っておくべき「著作権の知識」

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-JSK542_boroboronoyousyo-thumb-1000xauto-15242

ブログ記事等を書く時に全て文字だけのコンテンツだとなんだか寂しい感じがしますよね。
画像があるだけでブログ、サイトの見栄えがよくなります。全て自分で許可を貰い撮影した画像であればいいのですが全ての画像にそれはなかなか難しいかもしれません。

ここで必要になってくるのが著作権の知識です。ここでは「是非知っておくべき著作権の知識」という事でまとめてみました。最低限基本のポイントだけはおさえておきましょう。
インターネット上にある「画像」「音楽」「文章」など様々なコンテンツに著作権があります。
今回「画像使用」についての著作権についてのポイントご紹介したいと思います。
まず著作権とは?

についてですが日本の著作権は「無方式主義」といわれるかたちでコンテンツ(著作物)を制作すると自動的に著作権が発生するのです。

「コンテンツの利用をコントロールする権利 = 著作権」
となります。ようは「コンテンツの利用をコントロールする権利」を持っている相手に対して許可が必要なのです。

ブログにGoogleアドセンスやASPの広告を貼っている場合にも著作権を侵害している場合アカウント停止になってしまう可能性があります。
ブログ記事で「画像」を使用する場合全ての著作物に対して許可が必要なんでしょうか?

ちなみに「私的使用のための複製」ならOKとなりますが、今回ブログ記事で画像を公開するという上での話なのでネット上に公開する場合はNGになります。
実は許可を取らなくても「画像」を使用できる方法もあるのです。では、どんな方法なら「画像」を許可なく使用できるのでしょうか。
2つの方法がある。一つは「フリー素材として公開されている写真・イラスト」、もう一つは「引用」というもの。それぞれ詳しく見てみましょう。

■「フリー素材として公開されている写真・イラスト」
フリー写真素材【写真AC】

無料写真素材を提供する「写真AC」のフリー写真素材は、個人、商用を問わず無料でお使いいただけます。クレジット表記やリンクは一切不要です。Web、DTP、動画などの写真素材としてお使いください。
・ちなみにコチラだとフリーで個人・商用利用可能でクレジット表記も必要ありません。写真素材も豊富で加工も自由に出来ます。

フリー素材としてネットで公開されている写真・イラストはダウンロードして使用する事が出来ます。
ただしそのサイトの「利用規約」や「利用について」「このサイトについて」などのページを事前に必ず確認して下さい。なぜかというと無料で使用する事はできるけど、「商用不可」や「クレジット表記が必要」「その画像をさらに配布するのは不可」などの条件がある場合もあるからです。

■「引用」
一般的に文章の引用は知られていますが画像にも引用というものがあります。ただなんでもかんでも引用すればOKというわけではありません。条件さえ満たしていれば許可を貰わずに無断で著作権侵害せずに引用する事ができるのです。
著作権法で認められていて引用をされる側もブログで宣言していてもそれを拒否する事は出来ません。
(拒否できるのは引用の条件が満たされていない場合でこの場合無断転載になる)

▼引用の条件とは?

ア 既に公表されている著作物であること
イ 「公正な慣行」に合致すること
ウ 報道,批評,研究などの引用の目的上「正当な範囲内」であること
エ 引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること
オ カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること
カ 引用を行う「必然性」があること
キ 「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)
— 文化庁 (2010) 、§8. 著作物等の「例外的な無断利用」ができる場合 ⑧ ア、「引用」(第32条第1項)

Wikipedia 日本法における著作物の引用 要件

引用するためにはこの引用の条件を全てクリアしている必要があります。文章の引用の条件と画像の引用の条件は基本的に同じになります。

1・公開されている事
インターネット上に公開されているブログやサイトである時点で公開されているものにあたります。

2・出所が明記されている事
引用元の「サイト名」「サイトURL」を明記する事。

3・引用箇所に「」を付けるなど自分のコンテンツと明確に区別されている事
「」をつけなくても色を分けるとかわかりやすくする。

4・引用部分と記事本体との「主従関係」が明確である
引用する「画像」が従であり、「画像」が主であってはいけない。(例えばアニメ画像を多用し引用でアニメが主のようなコンテンツを作るだとか)
文章のコンテンツが少なすぎて引用画像を多用するのは×。

5・引用を行う必然性があるという事
ようはブログで文章を書く上で必要不可欠な場合。

6・画像を改変する等変更を加えない事
著作物に手を加えてはいけない。そのまま引用する事が条件です。
ただし引用のための条件を全てクリアしていても引用する著作物の「著作者人格権」というものを侵害する引用は認められていません。

この全ての条件を満たしていればブログ記事内での「引用」として成立します。
それとWordPress記事でのアイキャッチ画像での「引用」についてはその画像が主に見えてしまう可能性があるので控えた方がいいかもしれません。

その他著作権について自信がない時、よくわからない時は著作権者に許可をとってから使用する事をおすすめします。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!