「映像・音声」ビットレートって一体何?

bitrate-min

どうも、のすけ (TwitterLogo-min@nosuke_sns) です。動画におけるビットレートとは1秒間に送受信できるデータ量のことです。

データ量が多くなるわけですから映像・音声のデータとして使われビットレートが大きくなればなる程動画の質が良くなります。逆にビットレートが小さくなる程質が劣化していきます。

SPONSORED LINK

単位はbps。これはbits per secondの略。1bpsだと1秒間に1ビットのデータが送受信できるということです。

もっとわかりやすくかみ砕いて言うと1秒間の動画にどれほどのデータ量が詰め込まれているかということになります。

「Windows」ビットレート確認方法

確認したい動画ファイルを右クリック→「プロパティ」→「詳細」とクリックします。ここの「総ビットレート」が動画に含まれる全ビットレートになります。

bitrate2-min

  • 「データ速度」… 映像のビットレート
  • 「総ビットレート」… 全てのビットレート
  • 「フレーム率」… フレームレート (fps)
  • 「ビットレート」… 音声のビットレート

ちなみに「フレーム率」がフレームレートです。60fpsだと映像がぬるぬるになるというあれです。

動画に最適なビットレート数は?

動画の画質はこのビットレートと比例します。ならこの数値を上げればいいのかというとそうでもないのです。数値を上げれば上げる程ファイル容量は大きくなってしまします。
YouTubeにあげるのが目的であれば推奨のビットレートが公開されているので参考にするといいでしょう。(2016年8月現在)

bitrate3-min
参考: アップロードする動画の推奨エンコード設定 | YouTubeヘルプ

KbpsとMbps

両単位ともに1秒間にどれほどのデータ量を送れるかということですが、Kbpsはキロ・ビーピーエスMbpsはメガ・ビーピーエスという単位になります。

  • 1Kbps = 1000bps
  • 1Mbps = 1000Kbps

です。エンコードする際の参考にしてみて下さい。それでは今回はここまでです。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!