「BitNami for XAMPP」 ローカルにWPテスト環境を作る!ログイン出来ない場合の対処法も

wordpress-logo

どうも、@saito_sfcです。前回はローカルでWordPressのテスト環境を作るためにXAMPPをインストールしてセキュリティの設定をするまでの記事を紹介しました!

XAMPPについて詳しくはこちらで解説しています。

bitnami38
参考 : 「XAMPP」をインストール!MySQLのrootパスワードをコマンドで設定する

今回は簡単にそのテスト環境を構築するためにBitNami for XAMPPを利用します。

SPONSORED LINK

photo by SaimonTX

▼この記事の目次

  1. 「BitNami for XAMPP」インストール
  2. 「WordPressダッシュボード」ログインできない時の対処法
  3. この記事のまとめ

「BitNami for XAMPP」インストール

Bitnamiとはパソコンのローカル環境でWordPressやRedmineを簡単に動作させるための環境を構築できるというソフトウェアの事です。

今回テスト環境だけで利用するのが目的なのでこだわりがないですし簡単というならそちらの方がいいでしょう。それでは、「BitNami for XAMPP」をインストール・設定してみましょう!

ダウンロード

まず「BitNami for XAMPP」にアクセスしてみましょう。Windowsの場合、こちらの「Recommended」(推奨) からダウンロードします。
bitnami40

「BitNami for XAMPP」をダウンロードする前にWordPressのバージョンアップあればしておいた方がいいでしょう。
何やらこのような画面になりました。これはアカウントでログインしてもよいですし、下の「No thanks..」を選択してもいいみたいです。

bitnami

利用規約への同意ですね。英語ですが確認、「OK」とします。

bitnami2

インストール

続いてダウンロードしたファイルを実行します。日本語はないようなので英語にしておきましょう。
bitnami2

▼「Next」を選択
bitnami4

▼インストールするディレクトリの選択画面です。そのまま「Next」を選択
bitnami5

【ポイント】
この選択画面になる前に事前にXAMPPをインストールしておく必要があります。MySQLのrootパスワードの設定も済ませておきます。

▼関連記事

Create Admin accountという画面になるので、内容を書いて「Next」

  • 「Login」… WordPress/ログインID
  • 「Your real name」… 本名 (適当でOK)
  • 「Email Address」… Eメールアドレス
  • 「Please enter the existing MySQL password for XAMPP Password」… MySQLのrootパスワード
  • 「Enter the application password」… WordPress/パスワード
  • 「Retype password」… WordPress/パスワード (再入力)

この時点でApacheやMySQLを動作させていないとこのように表示されます。

bitnami27

XAMPPのコントロールパネルを開きApache、MySQLを動作させましょう。
ここでテスト環境のブログ名を入力します。これは後でもダッシュボードより変更できます!

bitnami29

▼「訳… あなたはメールサポートを設定したいですか?」とくに必要なければそのまま「Next」、必要ならチェックを入れます。

bitnami30

多分Bitnami Cloud Hostingというサービス他にあって、それについての説明がいるかどうかって感じでしょうか。とりあえずチェックは外しておきました。

bitnami31

▼次も「Next」。するとインストールが始まります!

bitnami32

起動します!

bitnami33

すると・・

はい、このように。ローカルにテスト用のWordPressを作る事ができました!この画面を”WordPressテスト環境”としてブックマークしておきます。
bitnami34

確かにXAMPPのインストール・設定だけ済ませてしまえば、Bitnami for XAMPPを使用したテスト環境作りは簡単みたいです。

「WordPressダッシュボード」ログインできない時の対処法

続いて設定ですね。テスト環境のページURLはわかりました。あとはWordPressダッシュボードへのログイン画面の確認と、FTPサーバを使った時のディレクトリ場所を把握しておきます。

ログイン画面にはローカルで作ったテスト環境、右下から入ります。

bitnami39
管理画面英語なんですね。日本語化はできるんですかね。

bitnami35

おやおや、ログインできませんね。メールを飛ばしてもエラーで返ってきてしまいます。

これは困りました・・。

この場合phpMyAdminからIDとパスワードの操作をします。

XAMPPのコントロールパネルから「Admin」で入ります。管理画面からbitnamiが入っているデータベースを選択。次に「_users」→「編集」と選択します。

「user_pass」という所の関数を「MD5」にしてパスワードを入力します。「MD5」はよくわかりませんが暗号する技術みたいな感じでしょうか。

bitnami36
完了です!これでパスワードの問題は一件落着です。
bitnami37
IDも変更する事が可能です。ただし、IDを変更する場合もMD5を設定するとログインできなくなってしまうのでIDにはMD5を設定しません。

テンプレートファイルの追加・編集

テーマのテンプレートファイルを追加したり編集する場所はここになります。

\xampp\apps\wordpress\htdocs\wp-content\themes\

この記事のまとめ

これでローカス上にテスト環境が構築できました!WordPressをカスタマイズする時はホワイトアウトをしないためにも、テスト環境を作る事をお勧めします。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!