ノートパソコンのバッテリー切れ!「冷凍して復活させる方法」を試してみた

凍結

先日、ノートパソコンのバッテリーが切れててしまいました。突然、バッテリーの充電ができなくなってしまったのです。

2014年に購入したので2年程で寿命を迎えたということになります。

バッテリーの寿命は扱い方によっては5年、それ以上に長持ちさせる方法があるようなので2年となるとかなり短い寿命だったということです。

バッテリーが切れてしまったら、新たにバッテリーを購入して交換するしかありませんが復活させる方法があるようなので今回試してみました。ただし、この方法を試したからと言って100%復活できるというわけではないので、試される場合は自己責任となります。

関連: ノートパソコンのバッテリーを数倍長持ちさせる方法

SPONSORED LINK

▼この記事の目次

  1. バッテリーが切れてしまったら?
  2. バッテリーを復活させる方法
  3. まとめ

photo by Ida

バッテリーが切れてしまったら?

バッテリーを外したノートパソコン

バッテリーが切れてしまったら、基本は新しい物に買い替えるしかありません。

もちろん、常に電源コンセントにつなげて使用する環境ということであればバッテリーがなくても問題なく使うことができます。とはいえ、バッテリーが付いていないとなんだか気になってしまいますよね。

バッテリーを外して長期間使用する場合

バッテリーを外して使用しても問題なくノートパソコンは動作します。問題なのは、長期間その状態で使用する場合です。

というのも、最近のノートパソコンはバッテリーが装着されているのが前提で設計されているからです。

バッテリーの存在を特に意識することなく使用する作りになっているといますし、バッテリーが装着されていることで本体にかかる衝撃の負荷、湿気の防止にもつながっています。

また、バッテリーは消耗品なので放置している間にも劣化は進んでいきます。長期間放置していたらバッテリーが動作しなくなったという例もあるようです。

バッテリーを外して使用する場合、やはり本体にかかる衝撃の負荷や湿気が気になるところですから、バッテリーが切れていても装着したまま使用する方が外すよりいいといえるのかもしれません。

リコールの場合

バッテリーの安全性に関わる不具合が発見された場合は、メーカーによるリコールが行われます。これは無償の交換です。

試しに、持っているノートパソコンのメーカーのHPを確認してみて下さい。思っているよりノートパソコンに関するリコールがされていることがわかります。

使用している型番とそこで発表されている型番が一致していたらリコール対象品ですから無料で交換してくれます。

購入する場合

メーカーのHPを確認して型番にあったバッテリーを購入するという方法がありますし、Amazonなどのネットショップから購入することもできます。

バッテリーを購入する場合は、事前にしっかり調べて動作する型番のバッテリーを選びましょう。

バッテリーを復活させる方法

ここで本題のバッテリーを復活させる方法です。冷凍すれば復活できるとのことですが、成功するかどうかはやってみないとわかりません。

バッテリー切れを起こしたばかりのバッテリーを使ってみました。

復活するまでの流れ

バッテリーを復活させるまでの手順は以下の8つの手順です。それではいってみましょう。

  1. バッテリーを外す
  2. バッテリーを袋に入れる
  3. 冷凍庫に入れる (1日~1週間)
  4. バッテリーを常温で解凍する
  5. ノートパソコンに装着
  6. 充電する (完了するまで電源を付けない) ※
  7. 充電完了したら、電源を付けて放電させる ※
  8. ※ 6、7を3回繰り返す

※ この方法を行う場合、破裂してしまう可能性があります。自己責任でお願いします。

「1、2」バッテリーを外し・袋に入れる

ノートパソコン バッテリー

バッテリーを外します。

ジップパックがあればそれを使えばいいと思います。なければビニール袋でも問題ありません。

今回、ビニール袋に入れる前にタオルでくるみました。
バッテリーをタオルで巻く

タオルでくるんだら、ビニール袋にいれます。

バッテリーをビニール袋で包む

湿気が入らないようにゴムでしっかり閉じておきます。
バッテリーを包んで輪ゴムで止める

「3」バッテリーを冷凍庫に入れる

冷蔵庫にいれます。入れておく期間は1日~1週間です。
バッテリーを冷凍庫に入れる

「4」バッテリーを常温で解凍する

バッテリーを常温で解凍

冷凍庫からバッテリーを出します。今回、うっかり1週間を1日経過して8日間冷凍庫の中に入れていました。大丈夫なのか少々心配ですが、解凍の作業をしてみましょう。

これを常温で6時間置きます。
冷凍後のバッテリーを取り出す

バッテリーを装着・充電する

解凍手順が終わったら、バッテリーを装着充電します。この時パソコンの電源は切っておきましょう。

バッテリーを装着・充電

3、4時間充電の後電源を付けると。

んっ?バッテリーによる電源が入りません。何度やってもダメなのでコンセントをつけるとこのように表示されました。

▼バッテリーが復活していない?
バッテリー復活せず

そうです。バッテリーは復活しなかったのです。がっくし..  という感じですが、冷凍によるバッテリー復活方法は成功することがあれば、今回のように失敗することもあるようです。

まとめ

ネット上では復活したという事例が多いみたいでしたので、直るものだろうと心のどこかで確信していましたが、今回非常に残念な結果となってしまいました。8日冷凍したのがダメだったのか、失敗した直接の理由はわかりません。

成功することもあるようなのでバッテリーが寿命を迎えてしまってお困りの方は、ためしてみるのもいいかもしれません。このようにやってみないとわからないですしどっちみち壊れたバッテリーなのでダメ元で行って、復活したらラッキーというスタンスになってしまいますが。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでMechalogをフォローしよう!



トップへ戻る