ノートPCがバッテリー切れ!冷凍して復活させる方法を試してみた結果

 freeze

先日、ノートパソコンのバッテリーが切れてしまったんです。バッテリーの充電が効かなくなりました。2014年に購入したので2年程で寿命を迎えてしまったという事になります。

どうやら扱い方によっては5年、それ以上長持ちさせる方法があるみたいです。僕の扱い方はバッテリーを一番消耗させてしまう方法だったという事が判明したのです!

battery
関連: 「その使い方、バッテリーを消耗してますよ」ノートPCのバッテリーを数倍長持ちさせる方法!

SPONSORED LINK

photo by Ida

▼この記事の目次

  1. バッテリーが切れてしまったら?
  2. バッテリーを復活させる方法
  3. まとめ

バッテリーが切れてしまったら?

battery2

バッテリーが切れてしまったら、基本は新しい買い替えるしかありません。もちろんノートパソコンにバッテリーを付けていなくとも100%コンセントにつなげて使用するというなら問題なく使う事ができます。何を隠そうこの記事はノートパソコンからバッテリーを外して書いているのですから。

バッテリーを外して長期間使用する場合

バッテリーを外しても問題なくノートパソコンは動作します。問題なのは長期間その状態で使用する場合です。

最近のノートパソコンはバッテリーが装着されているのが前提で設計されているのです。バッテリーの存在を特に意識する事なく使用する作りになっているという事です。バッテリーが装着されている事で本体にかかる衝撃の負荷、湿気の防止にもつながっているようです。

また、バッテリーは消耗品なので放置している間にも劣化は進んでいきます。長期間放置していたらバッテリーが動作しなくなったという例もあるようです。既に切れてしまっている場合はこちらはあまり心配しなくていいような気がしますが。

今回のように既にバッテリーが切れている場合、本体へかかる衝撃の負荷や湿気が気になるところです。外して使うという場合はバッテリーを交換する間などの短期間だけ!とそのように決めておいた方がいいかもしれません。

リコールの場合

バッテリーに安全性に関わる不具合などが発見された場合は、メーカーによるリコールが行われます。無償交換です。

自分が持っているノートパソコンのメーカーのHPを確認してみて下さい。思っているよりリコールがされている事がわかります。そこで発表されている型番は無料で交換してくれるという事です。メーカーによる交換という事はおそらく新品なのでしょう。

購入する場合

メーカーのHPを確認して型番にあったバッテリーを購入するという方法があれば、Amazonなどのネットショップから購入する方法もあるようです。

この場合、事前にしっかり調べて動作する型番のバッテリーを選びましょう!

バッテリーを復活させる方法

バッテリーをどこで購入しようかとネット上をさまよっていたら、凄い情報を発見しました。「切れてしまったバッテリーが復活する!」というものです。

最初は本当に復活するのか?と半信半疑でしたが、その方法を試してみたという例をいくつか拝見させてもらったら本当に復活しているみたいです。

物は試しです。やってみましょう。どうせ切れてしまったバッテリーなので成功しなくても、「まあ、しょうがない」となるでしょう。

復活するまでの流れ

バッテリーを復活させるまでの手順はこのようになるようです。

  1. バッテリーを外す
  2. バッテリーを袋に入れる
  3. 冷凍庫に入れる (1日~1週間)
  4. バッテリーを常温で解凍する
  5. ノートパソコンに装着
  6. 充電する (完了するまで電源を付けない) ※
  7. 充電完了したら、電源を付けて放電させる ※
  8. ※ 6、7を3回繰り返す

※ この方法を行う場合、破裂などの可能性がないとは言い切れません。自己責任でお願いします。

「1、2」バッテリーを外し・袋に入れる

battery3

バッテリーを外します。

ジップパックがあればそれを使えばいいと思います。なければビニール袋でもいいです。
battery2

battery3

湿気が入らないようにゴムでしっかり閉じておきます。
battery4

「3」バッテリーを冷凍庫に入れる

冷蔵庫にいれます。入れておく期間は1日~1週間です!
battery5

「4」バッテリーを常温で解凍する

battery7

冷凍庫からバッテリーを出します。今回、うっかり1週間を1日経過して8日間冷凍庫の中に入れていました。

これを常温で6時間置きました。
battery6

バッテリーを装着・充電する

そしてバッテリーを装着充電します。この時パソコンの電源は切っておきましょう。

battery8

そして、3、4時間充電の後電源を付けると。

んっ?バッテリーで電源が入りません。何度やってもダメなのでコンセントをつけるとこのように表示されました。

▼バッテリーが復活していない?!
battery

そうです。バッテリーは復活しなかったのです。がっくし・・。

まとめ

ネット上では復活したという事例が多いようだったので、もう直るものだろうと確信していましたが、今回非常に残念な結果となってしまいました。8日冷凍したのがダメだったのか、失敗した理由は謎です。

僕はダメでしたが、成功する事もあるようなのでバッテリーが寿命を迎えてしまってお困りの方は是非ためしてみて下さい。このようにやってみないとわからないしどっちみち壊れたバッテリーなのでダメ元で行って、復活したらラッキーというスタンスで行った方がいいかもしれません。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!