節電する方法!まずは契約のアンペアを見直してみる

save electricityお金を貯めるには、当たり前といえば当たり前の話ですが収入と節約の両立が必要になります。

せっかく稼いでいても支出額が収入に比べて大きければザルになってしまい、なかなかお金が貯まりません。また、節約術を常に心がけていれば貯金できたり、投資に回せる余裕もできる確率がアップします。
今回電気代を抑える節約術・契約アンペアの見直しについてです。

photo by mattwalker69

SPONSORED LINK

契約アンペアを見直す

契約アンペアとは、一つの家全体で使える電気量の上限を決めるものです。アンペアは、上限ごとに料金が変わり毎月の電気代の基本料金に加算されます。

このアンペアの上限を低く設定する事で、毎月の電気代が安くなるというものです。

ただ、このアンペアは全国で変更できるわけではないのです。

  • 「アンペアが変更できる地域」
    北海道、東北、東京、中部、北陸、九州
  • 「アンペアが変更できない地域」
    関西、四国、中国、沖縄

残念ながら「アンペアが変更できない地域」にお住まいの方は、アンペア変更ができません。
アンペア別の料金を一覧にいてみました。

  • 「10A」280.8円 (291.6円)
  • 「15A」421.2円 (437.4円)
  • 「20A」561.6円 (583.2円)
  • 「30A」842.4円 (874.8円)
  • 「40A」1123.2円 (1166.4円)
  • 「50A」1404.0円 (1458.0円)
  • 「60A」1684.8円 (1749.6円)A=アンペア ()内は九州電力の場合です

10Aでもしょっちゅうブレーカーが落ちるので、あまりお勧めはできません。
電力会社のHPにも記載していないですが、実は5Aというものもあるらしい。

電力会社の裏メニュー5A(アンペア)

先日、5A生活をしているというブログを発見しました。どうやら基本料金は無料らしい。しかしこの5A省エネ家電はさておき、ほとんどの家電が使えないという超節約向けメニューなんです。

10Aでもしょっちゅうブレーカーが落ちるというのだから、5Aはその半分ですから当然ですね。自給自足をしていて、明かりや必要最低限の生活だけ送れればいい派などの方にはかなり節約になるのでいいかもしれません。

全国の各電力会社のHPで契約アンペアのシミレーションができるので、試してみて下さい。

まとめ

今回、契約アンペアの見直しについてでした。契約アンペアについては、各電力会社に電話するとアンペアの確認・変更ができます。

節電するにはアンペアの検討もそうですが、常日頃からの節電への心掛けも大事だと思います。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!