AMPプラグインをアップデートしたらエラー発生…。バージョンを1つ前に戻したら解決! (Ver.0.5→0.4.2)

ミスして頭を抱える男性

8月5日公開のAMPプラグインをアップデートしたらエラーが発生してしまいました。

AMPはアップデートすると追記したアドセンスやアナリティクスをAMPページで動作させるために追記したコードを上書きしてしまい消してしまいます。

上書きされるとAMPページでアドセンスやアナリティクスが正常に動作しないことになるので、Googleが公開しているAMPテストで確認するとエラーをはき出してしまうことになります。

AMPページのエラーチェック

このまま放置しておくわけにもいかないので、対策方法を考えてみることにしました。

SPONSORED LINK

目次

  1. トラブルの原因を探る
  2. 原因はプラグイン?
  3. 対処法は?
  4. 1つ前のバージョンをダウンロード
  5. AMPのバージョンを戻す
  6. まとめ

トラブルの原因を探る

「ページにユーザー作成のJavaScriptがある」と指摘されているエラー原因はアドセンス広告によるものです。確認したら通常のモバイルページのアドセンス広告をAMPが読み込んでしまっていることがわかりました。

AMP設定前の確認で、モバイルページのアドセンス広告をAMPが読み込むという動作はしなかったはずですが他に原因がわからないためAMP用にアドセンスやアナリティクスの追記コードを設定しました。

関連記事 : 【WordPress】これでわかった!AMPの導入とアナリティクス対応手順 AMP導入でアドセンスが非表示に・・ AMPページ用アドセンスを表示させる方法!

ですが、やはりエラー表示は消えません。パソコンとAMPページのみにアドセンス広告を設置して通常のモバイルページのアドセンス広告を外せばエラーは消えますが、モバイルページのアドセンス広告はあまり消したくありません。

原因はプラグイン?

同じ状況のユーザーはいないのかと色々調べてみた結果、どうやら今回アップデートされたAMPプラグインに問題はあるのではないかということがわかりました。

本ブログへの問い合わせで知ったのですが、WordPressが公開しているAMPプラグインに問題があるようです。

(こんなブログにお問い合わせ頂いて恐縮ですm(_ _)m)


問題になっているのは昨日(2017/8/5)公開されたv0.5。


僕は普通にアップデートして問題なく動作しているのですが、一部の環境で


Fatal error: Cannot make static method AMP_Customizer_Design_Settings::


と表示され、サイトに一切アクセスできなくなるというもの(管理画面を含む)。

出典 : DRYFEED | WordPressのAMPプラグインで問題が発生しているようです

当ブログの場合とエラー原因が少し違いますが、今回のエラーはアップデートと重なっているのでおそらくそれが原因とみてほぼほぼ間違いはないかと思います。

こちらはwordpress.orgで英語表記ですが、昨日から数時間前といった状況下でAMPアップデートによるエラーが発生したという書き込みが多発しています。

⇒ https://wordpress.org/support/topic/new-version-showing-fatal-error/

Twitterでも・・


私自身もAMPのエラー対策に数時間とられ、今だ解決せず正直まいっている状態です。

対処法は?

当ブログもアップデート後にAMPページからのアクセスが激減しているので、記事を書いている場合ではなく早急に何かしらの対策をしなければならないのでしょう。

wordpress.orgのサポート書き込みやネット情報を参考にいくつかの対処法を考えてみました。

「その1」AMPの次のバージョンアップを待つ

AMPの提供元、Automattic社はWordPressを運営している企業なのでいわばAMPプラグインはWordPress公式のプラグインです。今回のバージョンアップによるエラーの影響が広く及ぶのであれば、近いうち次の修正バージョンを公開するはずです。

これが初心者にとっては一番簡単で確実な方法でしょう。とりあえず待つ、これです。

「その2」AMPを前バージョンに戻す

プラグインのバージョンアップによるエラーは、前のバージョンに戻すことで解決できるようです。バージョンアップ前はエラーが出ていなかったのでそうなりますね。

ということで、1つ前のバージョンに戻してどうなるものか見てみることにしました。これでエラーが解決しなければAMPプラグインを削除するかプラグインなしでAMPを実装するしかないかと。

1つ前のバージョンをダウンロード

待っていても何らかの対策をしない限り解決しないので、とりあえずAMPバージョンを1つ前に戻したいと思います。ちなみに現バージョンが0.5、前バージョンが0.4.2です。

まずはWordPressダッシュボードにアクセス、「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」を選択します。

一覧の中からAMPを探し「詳細を表示」を選択します。

詳細を表示 - AMPプラグイン

続いて右側「WordPress.org プラグインページ」を選択。

WordPress.org プラグインページを選択

「詳細を表示」を選択。

AMP - 詳細を選択

次のページで一番下までスクロールし、「開発バージョン」のプルダウンメニュー内から「0.4.2」選択。続けて「ダウンロード」を選択します。

以前のバージョンを選択 - AMPプラグイン

これで1つ前のAMPバージョンをダウンロードできました。

AMPプラグイン バージョン0.4.2ダウンロード

AMPのバージョンを戻す

ファイルをダウンロードしたところで、前バージョンに戻す手順を見ていきましょう。

先ほどのWordPressのダッシュボード「インストール済みプラグイン」画面に戻ります。少し勇気がいりますが、AMPの「停止」→「削除」と選択します。

AMPプラグイン - 「停止」→「削除」

確認のポップアップ表示です。OKを選択。

AMPプラグイン - 削除確認

続いて「プラグインのアップロード」を選択。

WordPress - プラグインのアップロード

「ファイルを選択」→「今すぐインストール」の順に選択してAMPをインストールします。
今すぐインストール - AMPプラグイン・バージョン0.4.2

「プラグインを有効化を選択」

AMPプラグインを有効化

以下のように表示されますが、間違っても再度バージョンアップしないようにしましょう。(笑) 万が一、してしまったらしょうがないので先ほどの手順を繰り返して修正します。

バージョンをアップしないように気を付ける

すぐに確認してみましたが、何事もなかったようにエラー表示が解決していました。
有効なAMPページ - AMPチェックツール

まとめ

他に今回のAMPバージョンアップでエラーになったため、一時的に外したアプリーチなどのブログパーツですがこちらもバージヨンを戻すことで改善されたので元に戻しました。

やはりプラグインのバージョンアップが原因だったのでしょうか。今回のアップデートで一時的でしたがアクセスが激減するといういたたまれない状況になってしまったため、余裕があればプラグインなしでAMPを実装してみようかなと少し考えています。というか今回はそこまでしなきゃいけないかなと心の準備をしていました。

エラー発覚から数時間。とりあえず解決できたので、一見落着です。


SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでMechalogをフォローしよう!



トップへ戻る