クレジット表記なしで使いやすい!Amazonアソシエイト ブログパーツ「Amakuri」使い方

Amazon段ボールの中に入る猫

こんにちは、Mechalogです。前回の記事でAmazonアソシエイトが提供する商品リンクはをカスタマイズすることは、Amazon側からするとあまり推奨できないということがわかりました。

関連記事 : Amazonアソシエイトの商品リンクをカスタマイズすることはできるのか?問い合わせてみた。それについての回答は・・

CSSだけでも本来はお断りしているようですが、する場合は完全に自己責任でということ。

ちなみに当サイトの環境ではAMPページでカエレバが表示エラーを起こしているためそれに代わるブログパーツを現在探しています。クリック率アップに貢献していたカエレバだけに他に収益アップのために優秀はブログパーツは何かないものかと。

ということで、今回はカエレバの代わりになるようなサービスを探してみることにします。

SPONSORED LINK

目次

  1. Amakuri
  2. Amakuriの使い方
  3. まとめ

Amakuri

そこで今回紹介するのが「Amakuri」です。カエレバに比べ知名度はなく、情報もあまり多くはないですがなぜ知名度が低いのは謎なくらい使いやすいブログパーツです。

AMPページでもエラーを起こしませんし、デフォルトのまま使ってもある程度整っているデザインなので気軽に利用することができます。それではAmakuriの使い方を見てみましょう。

Amazonアソシエイトのみ

Amakuriはカエレバと違ってAmazonアソシエイトのみの対応です。カエレバは1つの商品にAmazonと楽天といった複数のショップでユーザーに選ばせることができますので、このAmazonアソシエイトのみという点がAmakuriのデメリットかもしれません。

ただし、私の感覚ではAmazonアソシエイトに比べると楽天アフィリエイトはクリックが断然低く、アフィリエイトからの商品があまり売れないという印象があります。最近では『Amazonの再配達で運送業者がパンク』といったニュースが飛び交っている位の勢いがありますからやはりAmazon一強です。個人的な判断ですがAmazonアソシエイトのリンクだけでも問題ないかと。

クリックはしっかり加算される?

アフィリエイターであれば、誰もが聞いたことはあるだろうというカエレバに比べると、正直圧倒的に知名度が低いAmakuriですから私が最初不安だったのは商品リンクのクリックがしっかりカウントされるかどうかでした。

この点はAmazonアソシエイト管理パネルからしっかり確認しましたのでご安心を。Amakuriからのクリックはしっかりと加算されておりました。

ちなみにAmakuriを利用する前にAmazonアソシエイト公式の商品リンクを試しに利用してみましたが、公式の商品リンクよりもクリック率が上がってました。

また、カエレバといったブログーパーツを使うとだいたい表示される開発者へのクレジット表記ですが、Amakuriは設定でクレジット表記非表示にすることができます。この点はAmakuriを使う上でのメリットといえるでしょう。

Amakuriの使い方

Amakuriの使い方は簡単です。まずはこちらにアクセスして下さい。

Amakuri公式ページ
http://dadadadone.com/amakuri/

この真ん中の検索枠から、作成したい商品を検索するわけです。
Amazonアソシエイトブログパーツ Amakuriトップぺージ

サンプルがこんな感じ。シンプルイズベストといったところでしょうか。

Amakuri、商品リンクサンプル - Amazonアソシエイト

それではAmakuriの商品リンクを作ってみましょう。先ほどの検索枠から紹介したい商品を検索します。今回は以前当サイトでレビュー&現在私が愛用している無線マウス「Qtuo 2.4G」で見てみましょう。

使いやすく、個人的な感覚ですが作業効率がおよそ2倍アップする無線マウスです。気になる方は是非!(笑)

関連記事 : 作業効率大幅UP!コスパ重視、格安ワイヤレスマウス「Qtuo 2.4G」レビュー

検索結果が一覧表示されるのでお目当ての商品を選び「商品リンクを作る」を選択します。

AmakuriでAmazonアソシエイト商品リンクを作成

次の画面で商品リンクを作るための情報を入力します。一見、項目が多く面倒な感じがしてしまいますがよくよく見るとそうでもありません。

AmakuriでAmazonアソシエイト商品リンクを作成2

私はこのような設定にしました。

AmakuriでAmazonアソシエイト商品リンクを作成3

クレジット表記について

「Amakuriへのリンクと日付」がクレジット表記の有無です。入れたくな場合は「どちらも入れない」を選ぶといいでしょう。

nofollowについて

nofollowについては「nofollowを入れる」を選択しました。ひと昔前と違いnofollowの無意味な乱用はあまり推奨されていないようですが、nofollowを使うべき条件のうちの1つにリンク先の有料リンクについては入れることが推奨されているからです。

これについてはGoogleはたいだいのASPについて把握しているようなので、問題ないとの見方もありますがカエレバでもそうしてましたし念のため「nofollowを入れる」にしておきました。

それ以外の項目

Amakuriは、WordPressプラグインのAmazon JSのように売り上げランキングを表示させることができます。ランキングを表示させたい場合は「入れる」を選択しておけばいいでしょう。

また、価格を表示させることもできますが、私は非表示にしておきました。今回作成したAmakuriの商品リンクテキストが「Amazonで詳細を見る」だからです。

商品を見たユーザーが『いくらなんだろう?』と気になってリンク先のAmazonで価格を見るという流れがいいだろうという考えです。また、その辺の設定は好みによるものでしょうから設定したい項目にすればいいかと思います。

全ての設定が終わったら、上のプレビュー画面で確認することができますので見てみるといいでしょう。良ければ一番下の「貼り付け用リンクコード」をコピーして表示させたい場所に貼り付ければOKです。

▼今回作成したAmakuriの商品リンクがこちら。※画像

Amakuriで作成したAmazonアソシエイト商品リンク例

クレジット表記がないのがやはりいいですね。AMPページを確認してみましたが、特にエラーを起こしている感じもありません。

まとめ

非常にシンプルなレイアウトですが、私はこのままです。クリック率も良好なのでしばらくはAmakuriを当サイトのAmazonアソシエイト商品リンクとして使っていこうとおもっています。

もう少し工夫をほどこしたいのであればさきほどの画面を元にカスタマイズすることもできるようです。

Amazonアソシエイトの収益は当然クリック率と連動していますからブログパーツやレイアウトなど、少し変えて印象を変えるだけでも上がることがあります。

カエレバの1つの商品で複数のショップといったようなインパクトはありませんが、Amakuriはシンプルに無難にAmazonアソシエイトのクリック率アップに貢献してくれるブログパーツといえるでしょう。


SPONSORED LINK



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでMechalogをフォローしよう!



トップへ戻る