効果あり?「Googleアドセンス」記事中に2つ設置してみた

adsense2-min

こんにちは、齊藤誠 (TwitterLogo-min@makotosaito_jp) です。ここ数か月アドセンスの位置・サイズが何が一番適切なのか自分なりに検証しています。

アクセスが伸びるほどわかりやすいとは思うんですが、クリック率が高い位置・サイズは常に一定して高く、低い位置・サイズはたまたままぐれで高めになる時があってもだいたいいつも低い傾向があるということがわかりました。

SPONSORED LINK

photo by Kristina Alexanderson

ここで当たり前のようですがわかったのが、例えば同じ一日のPV数が2000のサイトでもアドセンスを設置する位置・サイズによってクリック率に変化があるということです。

我々サイト運営者は稼ぐため、できるだけペナルティーを受けないためと考えてしまいがちですが、アドセンスに広告を依頼している広告主の立場になって考えてみると効果が薄い場所よりもできるだけ効果のある場所、目立つ場所に設置してもらいたいという意思があるはずなんです。自社の商品・サービスを広めてほしいわけですから。

ここ数が月の流れでどの場所が効果があるか、どのサイズが効果があるのかの感覚はだいたいわかりました。そのうちの一つが記事中です。

記事中は訪問ユーザーの目線と集中が集まる場所ですからユーザーに語り掛ける広告効果がダイレクトにあります。

記事中に2つの広告を設定

adsense22-min

正直記事中は効果が高いですし、それを知ってか記事中の最初の方に設置しているサイトは多くあります。目次の前後付近がちょうどいい感じですね。

ならば記事中に広告を2つ設置してみたらどうかなと考え、実際に記事中に広告を2つ設置しているサイトをいくつか拝見してみました。

photo by Daniel Dionne

そしてダブルレクタングルが以前主流になりかけていたような気がしましたが、今増えているんですよ。記事中にアドセンスを2つ設置しているサイトが。中には3つ設置しているサイトまであります。

さすがに3つとなるとかなり長文でないと設置し過ぎという印象になってしまいますし、2つ設置してみることにしました。スカイスクレイパー (大) も効果があるみたいですしあのインパクトはなかなか手放せないですからね。

どのように設置するか

記事中にアドセンスを2つ設置すると決めました。次にどのように設置するかです。

例えば当サイトではたまに500文字程度の短いニュース的な記事を書くのですが、この文字数で記事中に2つ設置するってバランス的に「んっ?」て感じですよね。

せめて最低でも1000~1200文字はないとってところです。となると記事中に1つ設置する時があれば、2つ設置する時もあるってことになります。

ショードコードで設置

今回のケースのように記事中に1つ設置する時があれば、2つ設置する時がある場合は固定で設置する方法ではなく、ショートコードで設置する方法が良いかもしれません。

ショートコードとはWordPress2.5から備わっている機能で、「functions.php」にショードコードを予め記述しておけば投稿記事の編集でショートコード名を指定するだけでその関数が呼び出され実行されるという仕組みです。

参考 : 【WordPress】ショートコードとは? この機能で記事中にGoogleアドセンスも設置してみた

例えば [sc] という短いショードコード名を投稿記事編集画面で指定するだけでアドセンス広告を表示させることができるんです。今回の場合、[sc] [sc2] とすれば2種類のアドセンス広告を表示させたい場所に設置できるというわけです。

「function.php」には以下のコードを追記します。「function.php」はちょっとしたことで画面がホワイトアウトと呼ばれる真っ白けっけ状態になるのでご注意を。

//adsenseショートコード [sc]
function display() {
return’
<div class=”ad”>
<p style=”color:#504e4e;margin:0;”>スポンサーリンク</p>

※※ アドセンスコードA貼り付け位置 ※※

</div>
‘;
}
add_shortcode(‘sc’, ‘display’);

//adsenseショートコード [sc2]
function display2() {
return’
<div class=”ad”>
<p style=”color:#504e4e;margin:0;”>スポンサーリンク</p>

※※ アドセンスコードB貼り付け位置 ※※

</div>
‘;
}
add_shortcode(‘sc2’, ‘display2’);

この「display」と「sc」は自分の好きな文字列でかまいません。投稿記事に書く「sc」の部分はアドセンスにするなら毎記事に書くものなのでできるだけ短くて自分がわかりやすい文字列がいいでしょう。

まとめ

過去記事を全て目で見て修正するのは面倒で大変手間のかかる作業ですが、アクセスが多い記事から2つ目の記事中アドセンス設置作業をした方がいいかもしれません。

広告主からしたらできるだけ目立つ所に設置して欲しいというのが意思でしょうから。アドセンスはこのようにできるだけ訪問ユーザーの目につく場所に設置しておきたいところです。

余談ですが、最近のアドセンス広告はラーメン屋まで広告主として提携しているんですね。先日、全国チェーンの山岡屋の広告が表示されてました。たまに松屋の広告まででてきますからね。

何が言いたいのかというとアドセンス広告に対して店舗や企業の認識が広がっているということで、サイト運営者からしてもそうですが広告主側から見てもそれだけアドセンスに効果があるということじゃないのでしょうか。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!