「アドセンス」スクロール追尾型、設置はNG!一部サイトが使っている理由がこちら

「なぜ?」という表情 ビジネススーツ 女性

多くのサイトで使われているアドセンス。アドセンスを利用しているサイト運営者にとって、スクロール追尾型でアドセンス広告を設置してはいけないというのは暗黙の常識とも言えます。

スクロール追尾型は、パソコンではサイドバーに設置するのが一般的で下までスクロールしてもどこまでも一番下までついてくる広告です。他の呼び方で呼ばれることもありますが、当サイトではスクロール追尾型で統一したいと思います。設置していないサイトが多いかと思いますが、たまに見かける広告ですよね。

ASPによっては許容範囲のようですが、アドセンスであれをやってしまうとペナルティ対象になってしまいますし、なにより最悪の場合アカウント停止になってしまう可能性があります。

SPONSORED LINK

アドセンスヘルプを確認

スクロール追尾型について詳しく見ていきましょう。アドセンスヘルプにはこう書いてあります。

安全で快適なユーザー エクスペリエンスを提供するため、ユーザーがページをスクロールしたりページ間を移動したりする際に、広告が「固定」位置または「フローティング」位置で表示されるような配置方法は禁止されています。モバイルウェブには Google アンカー広告をご利用いただけますが、サイト運営者様がモバイル向けの配置方法を作成して使用することは許可されません。Google のサービスと異なり、ユーザー エクスペリエンスを保護する機能が組み込まれていない可能性があるためです。

出典 : AdSenseヘルプ | 広告の不自然なアピール

このように、訪問ユーザーがスクロールしたりページ移動する際に広告を固定、またはフローティング表示をすることは禁止されています。

このフローティング広告というのは浮く広告という意味で、WEBページに覆いかぶさるように表示される広告のことです。私がユーザーとしてネット記事を見る度に、自分のサイトでは一番設置したくないなと思っている広告です。(笑) 下手したらユーザビリティが減少してしまう可能性があると思われます。

もちろんアドセンスではフローティング広告は提供されていません。

モバイル向け「アンカー広告」

モバイル向けでスクロール追尾型が許可されている広告があります。アンカー広告です。

比較的新しい広告で、スマホでサイトを訪問している時、画面下にちょこんと表示される開閉式の広告がそれにあたります。
アンカー広告について Googleアドセンス

当サイトは設置していませんが、収益化につながるようなので気になる場合は設置してみるといいかもです。こちらはたまに見かけますよね。アドセンス管理画面上の「最適化」から設定、設置することができます。

一部サイトでは表示されている

でも禁止されているはずのアドセンスのスクロール追尾型が一部サイトでは表示されているのを見かけます。

これはなぜでしょうか、気になりますよね。

ペナルティーを受けていないだけ?いやいや、設置しているサイトはどれも大手並みのアクセスがあるサイトですから他に理由があるはずです。

プレミアムアカウント

通常、アドセンスでは1ページに設置できる広告ユニットは3つまで。リンクユニット3つまで、検索ボックス2つまでとなっています。

また、アドセンスチームが審査した上である程度の収益、PVが見込めると判断されたサイトに関しては関連コンテンツの設置が認められます。

関連記事 : 「PV&収益アップ」アドセンスの関連コンテンツを設置してみた【Part1】

ここまでが通常アドセンスのアカウント範囲の話です。

あまり聞いたことがありませんが、アドセンスには通常以外にプレミアムアカウントというものが存在します。そのアカウントであれば広告設置数の上限がなくスクロール追尾型にも対応しているという見方もあります。

また、アドセンスの担当者がつくというケースもあるようです。

プレミアムアカウントになるには厳しい審査があります。正確な数値は公開されていません200万PV以上、もしくは1000万PV以上のサイトでないとプレミアムアカウントに認定されないという噂があります。個人サイトでははっきりいって厳しい数値でしょう。

アドセンス広告・4つ以上設置が可能に

ということでスクロール追尾型のアドセンスはプレミアムアカウントによるものかと納得していましたが、調べてみたらここまでの話はどうやら過去の話で2016年の8月から広告設置数の上限が撤廃されたようです。

なんと、通常のアドセンスアカウントでも広告を4つ以上設置することができるようになりました。実際に通常のアドセンスアカウントで設置しているサイトを拝見してみましたが、ペナルティーをくらうことなく4つ以上設置しているようです。

結局どうなの?

このように2016年8月にアドセンスの広告上限が撤廃され上限なく設置することができます。

これ以外では他に変更点はあったのでしょうか?つまり、スクロール追尾型のアドセンスについても何かしらの変更点はあったのかということ。

確かに広告設置数の上限撤廃でアドセンスヘルプ内の規約が変更されていました。でも、これは「設置数に関して」はです。

前述した通り、現在確認できるアドセンスヘルプ内の規約で「スクロールやフローティングは禁止」だと明言されているのでスクロール追尾型のアドセンスに関していえば今も禁止されているということなのでしょう。

そうなるとやはりプレミアムアカウントや、一部の認められた巨大サイト以外の一般サイトは従来通りスクロール追尾型のアドセンスが設置できないということになります。

このようにアドセンスの設置上限は撤廃され緩和されましたが、スクロール追尾型については現在も禁止になっているようなので間違っても設置しないように注意しましょう。

スクロール追尾型を認めているASP

このようにアドセンスではプレミアムアカウント以外はスクロール追尾型の設置を禁止しているのですが逆に認めているASPはいくつかあるようです。

どうしても設置したいのならそういった方法をとればいいのかもしれません。通常の位置にアドセンスの広告を設置してスクロール追尾型のサイドバーには他のASPを設置して併用するといった具合です。

ただし2016年8月の広告設置数の上限撤廃は他ASPを排除することが目的の1つとも言われています。真意のほどはわかりませんが、アドセンスチームからしたらアドセンスを設置しているサイトはできることならアドセンスだけを設置して欲しいという考えもあるのかもしれません。

実際、私は他のASPを使ったことがありますがアドセンスが断トツで収益化につながります。なので無理に他ASPでスクロール追尾型をアドセンスと併用するより、せっかく上限撤廃になったのですからスクロール追尾型は諦めアドセンスの広告設置数を増やす方向に持っていった方がいいかもしれません。


SPONSORED LINK

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでMechalogをフォローしよう!



トップへ戻る