「PV&収益アップ」アドセンスの関連コンテンツを設置してみた【Part1】

adsense-kanrencontent-min

アドセンスの管理画面をのぞいたら「関連コンテンツでコンテンツを宣伝する」という最適化のお誘いがきていました。
adsense-kanrencontent2-min

もしやと思い調べてみたら関連記事と広告の組み合わせで表示するタイプの広告でした。
関連コンテンツは2016年4月にベータ版としてリリースされたアドセンスの新機能です。効果あるだろうと僕は以前からこの関連コンテンツ広告に注目していていました。

SPONSORED LINK


photo by Keng Susumpow

関連コンテンツユニット

でもこれってどのサイトにも設定できるというわけではなく、総記事数、PV数など一定の条件をクリアした特定のサイト運営者のみしか設置することができません。
AdSenseヘルプを見てみましょう。

関連コンテンツは、サイトを閲覧しているユーザーに向けてサイト内の関連コンテンツを簡単に宣伝できる無料サービスです。ユーザーにとって関連性が高いコンテンツが増えるので、サイトのページビュー数や滞在時間、ユーザーのリピート率、広告表示回数が向上し、広告収益の増加が見込めます。

おすすめの関連コンテンツはトピックの類似性に基づいており、個々のユーザーに合わせてカスタマイズされます。テストの結果によると、平均的なおすすめの関連コンテンツでページビュー数が 9%、滞在時間が 10% 向上します。

出典: 関連コンテンツ機能について | AdSenseヘルプ

なるほど、ページビュー数・滞在時間ともに10%程アップするようです。これは期待できそうです。

そしてなぜ僕が関連コンテンツに注目していたというと、ユーザーとしてサイトのWEBページに訪問していた時に完全に関連記事だと思ってクリックしてしまいそうなことがあったからです。他のアドセンス広告に比べるとサイトのレイアウトに溶け込んでいるデザインなので一見広告だとわからない時があります。

ということはページビュー数・滞在時間がアップする上に、クリック数もアップする可能性が高くなるということです。

関連コンテンツを設置する

では早速関連コンテンツを設置してみます。と、その前に自分のサイトが関連コンテンツを設置する基準に満たしているのか確認する方法を見てみましょう。

アドセンスにログイン、「設定」から「自分のサイト」→「関連コンテンツ」をクリックします。

自分のドメインが「確認済みのサイト」と表示されていればOKです。
adsense-kanrencontent3-min

それでは設置してみましょう。「広告の設定」→「新しい広告ユニット」。するとこのような画面になります。右の「関連コンテンツ」を選択します。

adsense-kanrencontent4-min

ここで広告ユニット名を決めて、カスタマイズします。

adsense-kanrencontent5-min

デフォルトでも問題ありませんが、レスポンシブになっています。これをカスタマイズして設定することもできます。ちなみに関連コンテンツは1ページに1つまでとなっているようです。

設置する

それでは先ほど作成した広告サイズで作成してみましょう。

【!】ここで一つ問題が。WordPressテーマにSimplicityを使用している場合はデフォルトの関連記事が表示されています。この関連記事は複雑になっているようでこれを消そうと下手にいじるとホワイトアウト (画面が真っ白) になってしまいます。関連記事の非表示方法は次ぎの章で紹介していますので、Simplicityユーザーはそちらを参考にしてください。
先ほどの画面で「保存してコードを取得」を選択します。

adsense-kanrencontent6-min

これをどこに設置するのかというと「single.php」ですが、例えばパソコン用とスマホ・タブレット用で2つのコードを取得して分けたいという場合は以下のコードを追記します。

▼ここにそれぞれ広告コードをコピペします。

<?php if ( wp_is_mobile() ) : ?>
スマホ・タブレット用・関連コンテンツ
<?php else: ?>
パソコン用・関連コンテンツ
<?php endif; ?>

あとはこれを表示させたいところに貼り付けるだけです。

Simplicityの場合

このような場合はSimplicityの過去フォーラムを見れば大抵のことは解決します。

adsense-kanrencontent7-min

出典: 関連記事の非表示の方法 | Simplicity

と思い上の方法を試してみましたが関連記事は表示されたままになっていました。それもそのはず2年ほど前はSimplicityしかなく今はSimplicity2なので古いバージョンとは仕様が違うのでしょう。

探してみたらあっけなくわかりました。WordPressのダッシュボード操作から非表示にできます。

「外観」→「カスタマイズ」→「レイアウト(投稿・固定ページ)」を選択します。

「関連記事の表示」のチェックを外します。これで関連記事が非表示になります。
adsense-kanrencontent8-min

追記

今回紹介した関連コンテンツはベータ版のような提供機能だったようで、広告が入っていないものでした。
1ヵ月ほど設置したら広告入りの関連コンテンツが表示できるようになりました。そちらの様子は「Part2」にて紹介しています。

参考 :「PV&収益アップ」アドセンスの関連コンテンツを設置してみた【Part2】

SPONSORED LINK

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!