「ブログの方向性を考える」 2016年はAndroid/iOSアプリ制作に挑戦!

Android

ついこの間正月だと思っていたら、気が付けばもうすぐ3月。こよみの上では立春を通り過ぎすでに雨水です。

めちゃログを開始して通算130記事程となり、情弱なりにWordPress、パソコンの扱いにも慣れてきました。今では、扱ってる記事は情弱向けではないかもしれません。

もう3月がはじまりますが、この辺で2016年のこのブログの方向性を決めてみようじゃないかと。だいたいのコンセプトを決めておいて、記事のテーマが四方八方にフラフラしないようにするためというのもあります。

今回はいつものパソコンネタなどとは違い、個人的なテーマ中心で書いていきたいと思います。特に興味がわかないという方は「次のページ」へ進むか一旦「トップページ」へ戻って下さい。

SPONSORED LINK

photo by Uncalno Tekno

▼この記事の目次

  1. 今までは・・
  2. これからは・・
  3. アプリ開発
  4. この記事のまとめ

今までは・・

最初はWordPressに焦点をあててとにかくWordPredsに詳しくなろうという事で記事を書いてました。書きたい事、詳しくなりたい事を書いているだけなのでそれからパソコン全般、スマホ、ライフと記事ネタはひろがりました。

このままだとまだ広がりそうなので、2016年はいったいどういった方向性でいくのかこの辺で修正しようかなと。コンセプトをある程度決めておかないともはやなんのブログかわかりませんから。

ちなみにこのブログにはナビゲーションメニューをまだ設置していません。なんとなく面倒という事もありますが、まだこの記事数だしまぁそのうち作ろうかなというただそれだけの事です。SEOに影響はするようですが。

カスタムメニューですぐ作れるんですが、このブログでは収益化が一番の目的ではないので。一番の目的は一から独学で始めて記事を書きながらパソコン、スマホに詳しくなるという事でした。

これからは・・

方向性を全く別のテーマに変えるわけではなく、テーマはもちろんぶれずに「パソコン+スマホ+ライフ」ネタです。

その中で方向性を決めようかと。

パソコンで何がしたいか

パソコン

実際にこうして記事にした時にあらためてこんな事を考えました。

「そういえばパソコンに詳しくなって何がしたいんだろう」

「パソコンに詳しい人、勉強してる人の目的ってなんだろう」

IT企業に勤める・これから勤めたい、パソコンハウツー系ブログを運営しているという人もいるでしょう。余談ですが、そんな私は隣県名古屋の某IT企業2社に面接に行った事があります。ええと、結果は・・  ご想像にお任せします。

photo by Bruno Cordioli

ブログの方向性の前に目的を考える

ドリキャス
photo by Ian Muttoo

パソコンネタの記事ばかり扱っていると「こんな事まで出来るんだ」と発見の連続です。元々ガラケーの扱いしか知らなかったので。

10数年前にドリキャスのサブ機能として、なんとなくついていたインターネット機能が恥ずかしながら私のインターネットデビューです。試しにGoogle検索で「ドリキャス ネットデビュー」で調べたら意外と同じような方が多くて懐かしくて思わず共感してしまいました (笑)
※ ドリキャスがインターネットの元祖というわけではありません。

それが今では世界中に拡がっています。あまり良くない例えをすればインターネットが世界を支配しているという見方もできるかもしれません。

私達の世代の子供が大人になる10年、20年後にはおそらく今よりIT、自動化の波がさらに拡がり仕事が減ってくかもしれません。すでに車が自動化となりそのうちタクシーが・・ スーパーのレジも地方でもすでに結構自動化されています。ネットショップも増えれば店員が必要なくなります。「人口知能」とGoogleでニュース検索するとひと昔前のアニメで言うような21世紀の未来に近いものがすぐそこにきているという感じもします。

このように勝手な不安を感じてしまっている私は、今からでも何か出来る事はないかと考えました。もちろんブログを書きながら知識をつけていくという事が前提です。

  • Android/iOSアプリ開発をしてストアに公開する (広告で収益化)
  • クラウドソーシングでアプリ制作などの仕事を引き受ける

この2つの組み合わせでしょうか。ブログの収益化はそうなるならなるでこした事ないでしょうが、過度な期待はしない事とします。ちなみにアプリを公開するにはAndroidで初回のみ$25かかりますが広告を付けることが出来るのでそれで収益化はできます。それにもしかしたら知らないだけで広告以外の収益化モデルも実際にアプリ制作したら気づくところがあるかもしれません。

クラウドソーシングはわかりやすい知名度があるところで言うとランサーズがありますが、パソコンに詳しければ詳しい程幅広い仕事を引き受ける事ができます。

仕事をしたい側と仕事を頼む側をつなぐWEBサービスですね。SOHO、フリーランスって呼ぶのがおそらくこういったクラウドソーシングの事なのだろうと思います。調べるとランサーズでアプリ制作、修正などの仕事が結構あるみたいです。ちょっと気になったのがWordPress系の仕事まであります。

WordPressを始める前までは・・

さかのぼる事1~2年程前、色々と頭の中で試行錯誤していました。正直な話パソコンに時間をかけるからには収益化したいというのが本音ですよね。ないよりはあった方がいいですし・・。

結局やってないですが例としてあげると

  • 「メルマガやTwitterで収益化」→ 「そんな収益化モデルもあるのか。でもそういうのってなんだか怪しいよね。」
  • 「電子書籍を出版しよう」→ 「Kindleとかで誰でも作れるみたいだけど、何を書けばいいかわからないし文章力を付けるにはまずはブログだよね」
  • 「ECサイトをしよう」→ 「そもそも販売業をやりたいわけではないので。」
  • 「まとめサイト管理人は・・」→ 「コピーコンテンツは今では検索上位にならない。そもそも管理人をやってみたいというわけでもない。まとめサイトは意外と有効な情報も手に入るので観ている側だけで十分」
  • 「YouTubeは・・」→ 「YouTubeはたまに観るだけだけど観ている側の方が面白い! そもそも出たがりではないので。旅行した時とか子供達を撮った動画はクラウド上での保管という意味も含めてちょいちょいあげてみよう」
私的検索術

ちなみにYouTubeは観たい動画を見たい時に見たりするだけで面白いですが、私は情報収集としても活用しています。あまりこういった個人的な記事はかかないので私的な素早く情報を仕入れたい時、理解しずらい難しい情報を調べる時に使う私的検索術を少し紹介します。

「”調べたいワード” → Google検索+Googleニュース検索+Google画像検索+YouTube」です。パッと情報が仕入れれますし、グッと理解度も広がります。

これでもよくわからなく理解しきれない時はさらに「”調べたいワード”→  Google検索+Googleニュース検索+Google画像検索+YouTube+本」で見るとさらに理解度が深まります。特にパソコン系質問への対応が雑に感じてしまう時もありますが、知恵袋サイトも結構活用出来るんです。

1、2年程前は動画が流行っていたようで (今でも流行ってる?!) YouTubeの収益化モデルが魅力的でしたが、色々調べたらブログだって十分熱いのではないかと。結局、私自身がわからない事を、何を調べるでもまずは複数のブログから見るという根っからのブログユーザーだからです。

そしてブログなら初心者からでもHTML、CSS、PHPの知識不要で高機能CMSが扱えるというWordPress択一という事で今に至ります。

アプリ開発

「アプリ開発をしたい」と思い始めたのはつい最近の事です。実際試しに「MIT App Inventor2」を記事で紹介しながら、単純なAndroidアプリを作ってみました。

2画面作り、「あいうえお」をそれぞれクリックしたら「あいうえお」とテキストで読み上げるという誰にでも出来そうな簡単アプリですが、一度作ったらもっと色々なアプリを制作して公開したいという気持ちが出てきました。

Android開発環境「SDK」

先日外出した時に立ち寄った本屋さんでたまたま見かけた「Androidアプリ開発」という本を読みました。

なんでもGoogleが提供しているAndroidアプリ専用のSDK(開発環境)があって誰にでもアプリ制作はできるという内容です。アプリ開発という言葉だけで身構えてしまって、そうは言ってもなんだかんだで難しくてどうせわからないと思いましたが、試しに100ページ位読んでみました。思っていた程難しいというわけではなくやろうと思えば私でも出来るのかなと。

実は1、2年前のパソコンのパの字もわからない頃に、いきなりJavaなどのソフトウェア開発環境Eclipseを使おうとしてなんとか開発の環境だけは整えた事がありました。しかしプラグインの意味すらわからないし、わからない用語が多すぎて結局挫折したという経緯があります。

その頃に比べるとわかる事もあったので一度本格的にアプリ制作をやってみようかなという流れです。アプリ制作はもちろん一筋縄ではいかなそうなので、今年中をめどにストアに公開するまではとりあえずアプリ制作のために記事を書きながら詳しくなっていこうかなという感じです。

この記事のまとめ

Androidアプリの開発環境にはGoogleが提供するクロスプラットフォーム「Android Studio」があります。Androidアプリ開発はそちらを使っていこうかなと、iOSアプリ開発環境はまだ未定です。

それ以外にも気になるのが、素人からでも2D/3Dのゲーム制作ができて無料で利用する事ができるという「Unity」があります。ゲーム制作会社でも使用されているという本格的なゲームエンジンで、もちろんAndroid/iOSアプリゲーム制作、XBOX、プレステまで制作する事ができます。「Unity」を利用して制作されたアプリゲームも結構あるみたいです。「Unity」もパソコンがわからない頃に環境だけ整えてはみましたがGUIが結構複雑でわからなかったのでそちらも再挑戦です。

まずは「MIT App Inventor2」でアプリ制作の基礎を把握し、「Android Studio」・「Unity」とどのように使うのか、アプリ制作のしかたを解説しながらブログで書きながらお届けしたいと思います。もちろんWordPressネタ+ライフネタも今まで通りたまに書きます。

関連記事




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでめちゃログをフォローしよう!